国土強靭化関連のおすすめ銘柄5選!建設業を中心に注目

政府が推進する防災・減災のための政策が「国土強靭化」です。地震や台風など自然災害が多発する日本では、インフラの強化が欠かせません。

また、災害とは関係なく、高度成長期に建設された交通インフラを刷新するべき時期でもあるので、国土強靭化のスローガンのもと、今後は建設業界や不動産業界がさらに活気づいていく可能性が高いです。

では、国土強靭化の関連銘柄について、何がおすすめのポイントとなるのでしょうか。

国土強靭化の概要解説

国土強靭化は、安倍内閣が推進する政策の一つであり、私たちの生活を守るために経済の下支えとしてインフラを強化していこうという内容です。

政府の掲げる文言によると、「強さ」と「しなやかさ」を持った国土や経済システムを構築するための政策とのことですが、もともとは、2013年の国土強靭化基本法を背景として、地震や台風などの自然災害に備えた防災や減災対策、復興や復旧のために迅速に動けるようにする対策などを計画的に推進しようという取り組みがもとになっています。

国土強靭化の関連銘柄の株価が上昇を見込む理由

2019年12月には、防災や減災、災害復旧の対策を含めた経済対策が政府によって決定されました。2019年は、記憶に新しいように台風による被害が甚大だった1年です。

台風15号と19号が立て続けに日本列島を襲い、15号は千葉県を中心として、19号は長野県などに大きな爪痕を残しました。長野県の千曲川が決壊して数百人もの市民が避難を余儀なくされたことは、ご存じの方も多いことでしょう。

2019年の台風による被害だけでなく、その前年までも、熊本地震や西日本豪雨など毎年のように日本は自然災害に見舞われていますし、2011年に発生した東日本大震災からの復旧もまだまだ途上です。

このように、常に自然災害によって被害がもたらされるわが国にあって、政府は公共事業のための予算を持続的かつ安定的に確保して国土強靭化を進めようとしています。そのための関連法案もできており、多額の予算が注ぎ込まれているのです。

地方では、人手不足によって仕事はあるのに作業が進まないという問題もありますが、それでも消化できないだけの予算が組まれており、建設業に大きな期待が寄せられていることは確かです。

さらに、近年の自然災害を抜きにしても、道路や橋、トンネルなどの高度成長期に建設された交通インフラの多くは、建設から数十年を経過しているため早急に整備を進めなければなりません。

工事の進展が遅くて期待ほどの利益が得られないという話もありますが、有無を言わず整備を進めなければならない状況にあるのです。

つまり、建設業を中心として国土強靭化関連銘柄は、今後しばらく重要なテーマとして株式市場で注目を集めることは確実と言えるでしょう。

国土強靭化関連のおすすめ銘柄一覧!厳選5銘柄

国土強靭化関連銘柄に注目が集まる理由がわかったところで、次におすすめの関連銘柄にどんなものがあるのか見ていきましょう。

ここではひとまず特におすすめの関連銘柄として5種類を挙げますが、後半ではそれ以外にチェックしておきたい企業もいくつか挙げておきますので、併せてチェックしておいてください。

国土強靭化関連のおすすめ株銘柄①:大林組

国土強靭化関連銘柄として1つ目のおすすめは、大手ゼネコンとして有名な大林組です。大林組は首都圏の大型土木事業でも多数の実績を残していますが、関西を本拠としているため、今後は大阪万博関連の需要も高まると見られています。

海外への進出も積極的であり、国土強靭化関連では押さえておくべき銘柄の一つです。

国土強靭化関連のおすすめ株銘柄②:ショーボンドホールディングス

2つ目のおすすめ関連銘柄は、道路や橋梁などの補修工事を請け負う建設会社のショーボンドホールディングスです。

こちらは、補修工事の専門会社として開発から施行まで自社で一貫して対応できるのが強みで、今後、国土強靭化対策での多数のインフラ補修工事を受けることが予想されます。

最近も阪神高速から大規模な案件を受注していますし、利益は確実に増加しており、株価も同じく右肩上がりです。

国土強靭化関連のおすすめ株銘柄③:建設技術研究所

国土強靭化関連銘柄として3つ目におすすめしたいのが、建設コンサルティングの建設技術研究所です。

日本初の建設コンサルで、市場シェアは常に上位に位置しています。これまで港湾、ダム、上下水道、砂防など多数の案件に実績を残しており、今後も今回のトレンドに乗って大きく業績を拡大するだろうと投資家にとっての注目株の一つです。

国土強靭化関連のおすすめ株銘柄④:ライト工業

4つ目のおすすめは、土砂崩れなどの災害を防ぐための補修補強工事で有名なライト工業です。豪雨や台風などの被害が増えている今こそ注目される存在で、実際、同社の業績は堅調に推移しています。

国土強靭化関連のおすすめ株銘柄➄:小松製作所

5つ目のおすすめ関連銘柄として挙げたいのが、建設機械大手の小松製作所です。国土強靭化で建設業が活発になれば、同社の建設機械への需要が高まるのも当然の理であり、株価も大きく成長する可能性が高いです。

このほか、注目しておきたい関連銘柄として、ナイロンやセメントなどで有名な宇部興産、橋梁の建設で知られるOSJBホールディングス、同じく橋梁と、そのほか超高層建築物でも実績を残す駒井ハルテックなどが挙げられます。上記のおすすめ5銘柄と併せてチェックしておきましょう。

国土強靭化関連銘柄の想定されるリスク

国土強靭化は国策ですし、実際、インフラの整備は必須ですので、建設業へのニーズが高い状況は当分続くと見られます。

ただ、たとえば東日本大震災後の復興需要の時もそうだったように、株価が上昇するだろうと期待されつつ、実際の取り組みが進まないため、しばらく経つと下落を見せるというパターンが繰り返されています。リスクといえばそのことに注意しておきたいところです。

国土強靭化関連銘柄を購入するおすすめタイミング

「国策に売りなし」という有名な格言が株取引にはあります。これは文字通り、「国策で影響を受ける株は買っておくべき、売るべきではない」という意味です。国策には多額の資金が投入されるため、その恩恵を受ける関連企業も多数出てきます。

というわけで、国土強靭化関連銘柄は今こそ購入にベストなタイミングと言えます。

その他のテーマ株に関する記事

こちらのブログでは、本記事以外のテーマ株も紹介しています。

各テーマで一攫千金が狙える有望株をスクリーニングしてご紹介していますので、宜しければご参照下さい。

 

まとめ

地震や台風など自然災害が起こるのは今後も避けられません。

そんな状況にあって、国土強靭化がわが国にとって重要な政策なのは間違いないことですので、建設業を中心として関連する業界にも潤いがもたらされるのは確実です。