クラウドファンディング関連のおすすめ銘柄5選!新たな資金調達方法として注目

経営者にとって、資金調達は重要です。会社が発展するためには資金が無ければ何の施策も打てません。これまでの一般的な資金調達方法は、金融機関からの借り入れが主な手段でした。

それ以外は、せいぜい条件が合致した場合の地方自治体からの融資や、ベンチャーキャピタルからの出資などがあった程度でしょう。

クラウドファンディングの概要説明

近年、新たな資金調達方法として、クラウドファンディングが注目されています。新規事業を始める場合、資金を銀行からの融資で調達しようとすると、その事業の確実性を証明しないと、なかなか融資を受けられません。

クラウドファンディングの場合は、新規事業の見通しに不確実な部分があったとしても、それが世の中に受け入れられる見込みがあれば、賛同者から資金を集めて新規事業をスタートできるようになります。

このように、利益を上げる目的の新規事業に資金を提供するクラウドファンディングのことを、金融型クラウドファンディングと言います。資金を提供する側は、金銭的なリターンが目的ということになります。

クラウドファンディングとは、群衆=crowdと、資金調達=fundingをつなげた造語です。主にインターネットを介して不特定多数の人から資金を集める仕組みです。

一人の出資は少額でも、大勢から集めればそれなりの資金が集まるので、さまざまなアイデアを持つ人が、それを達成する手段としてクラウドファンディングを利用するようになりました。

利益を上げることが目的ではないクラウドファンディングもあります。現在の国内におけるクラウドファンディングは、利益を目的としないものが多く行われています。

出資する人には何らかのリターンがあるのですが、それが金銭ではなく、使う権利やサービスだったりします。

購入型のクラウドファンディングは何か大きなものを購入するための資金で、出資者が受けるリターンは購入したものを使う権利とか、そのものを使ったサービスを受ける権利ということになります。

寄付型クラウドファンディングというものもあって、集まった資金は寄付となるのでリターンはありません。例えば災害支援や環境保全などの資金がこの例です。単なる募金と異なる点は、寄付金が使われた内容などの報告があるので、出資者は達成感が味わえるということになります。

クラウドファンディングの関連銘柄の株価が上昇を見込む理由

クラウドファンディング関連銘柄の株価が上昇するためには、金融型のクラウドファンディングで、しかもリターンが大きなものでなければならないと思いがちですが、必ずしもそうとは限りません。

クラウドファンディングへのかかわり方は、それぞれの企業によって違いがあります。もちろん、成功報酬型は分かりやすく株価に反映するでしょう。他にも、宣伝効果型や現金以外のリターンのタイプなどでも、株価上昇のきっかけになりうるケースもあります。

クラウドファンディング関連のおすすめ銘柄一覧!厳選5銘柄

クラウドファンディング関連のおすすめ株銘柄①:サイバーエージェント

最初にご紹介するのが、サイバーエージェント(コード:4751)です。クラウドファンディングのプラットフォームを運営する子会社Makuakeを設立しました。もともとネット広告代理業がメインの会社ですので、インターネットを通じて資金を調達するクラウドファンディングには有利な条件を備えており、おすすめの銘柄と言えるでしょう。

クラウドファンディング関連のおすすめ株銘柄②:ソニー

次に紹介するのがソニー(コード:6758)です。ソニーが2015年にリリースしたFirst Flightは、クラウドファンディングとEコマースのサービスを兼ね備えています。ソニーはこれを、新規事業支援サービスとしていて、もし製品化や量産化する際は、ソニーの技術力での支援もありうるとしています。

これはエンタテイメント+ソニーの技術という、まさにソニーらしさが表現されていて、おすすめのクラウドファンディング関連銘柄です。

クラウドファンディング関連のおすすめ株銘柄③:秋田銀行

3件目にご紹介するのは、秋田銀行(コード:8343)です。秋田県の地域活性化を目的に、購入型のクラウドファンディングであるFAN AKITAを展開しています。企業の新規事業だけではなく、イベントの開催などにも利用されています。

地域の活性化を目指しているので、間接的には銀行業務にも好影響であると想定されます。銀行業務の新しい展開の糸口になるとも考えられ、おすすめのクラウドファンディング関連銘柄として注目されています。

クラウドファンディング関連のおすすめ株銘柄④:パルコ

4件目にご紹介するのは、パルコ(コード:8251)です。ファッションビルPARCOを全国展開している会社です。国内最大手のCAMPFIREをサポートするという方法ですが、自社のホームページにクラウドファンディングの人気プロジェクトを掲載するなど、積極展開しています。注目のおすすめ銘柄と言えます。

クラウドファンディング関連のおすすめ株銘柄➄:三越伊勢丹ホールディングス

最後に紹介するおすすめ銘柄は、三越伊勢丹HD(コード:3099)です。百貨店では国内トップです。

サイバーエージェントと共同で、ISETAN×MakuakeクラウドファンディングProgramを開始しています。集客力のある店舗を武器に、伊勢丹新宿本店とインターネットの両方で商品を展示することによって、資金調達をしやすくしています。

クラウドファンディング関連銘柄の想定されるリスク

クラウドファンディングは、銀行融資に比べると確実性よりも夢や希望に投資する面があります。そのため、投資先が倒産するリスクはあります。

クラウドファンディング関連銘柄は、その会社自身がクラウドファンディングで投資するというよりは、プラットフォームを提供してPR活動に協力するというものが多いのですが、それでも倒産や資金の不正利用などが生じれば将来性に不安を持たれかねません。そういう意味では、内容の見極めが大切ともいえます。

クラウドファンディング関連銘柄を購入するおすすめタイミング

最近の若者は出版やCD製作などでクラウドファンディングを使うケースが増えており、比較的使い慣れてきていると言えます。副業や起業支援が働き方改革とともに定着してくれば、株価上昇が期待されるでしょう。

その他のテーマ株に関する記事

こちらのブログでは、本記事以外のテーマ株も紹介しています。

各テーマで一攫千金が狙える有望株をスクリーニングしてご紹介していますので、宜しければご参照下さい。

 

まとめ

クラウドファンディングは新規事業での資金調達方法として定着すると想定されるので、クラウドファンディング関連銘柄は、注目される可能性が高いです。

今後もその動向をモニタリングしていきましょう。