Youtube関連のおすすめ銘柄6選!人気商売ならではの判断基準で投資!

動画配信サービスとしては、世界最大の規模を持つYoutubeは、大きなビジネスチャンスをもたらします。動画をYoutube経由で配信することによって、広告収入を得ることができます。

また、Youtubeに投稿するための映像制作やマネジメント、広告コンサルティングなど、様々なビジネスが関連しています。

関連銘柄もそれに伴い広くなっています。また、新興企業が入り込む余地があるため、成長度が高く将来性があるというのも投資家にとっては魅力的な点です。おすすめの関連銘柄と共に、投資に関連するポイントも押さえておきましょう。

Youtubeの概要解説

10億人を優に超えるユーザーを持つ動画投稿、視聴サービスです。ほとんどのサービスを無料で使うことができ、広告収入によって収益を上げています。そのため、ユーザーの参加が容易で、個人であってもビジネスに使えるというメリットを生んでいます。

Youtuberと呼ばれる、動画を投稿して大きな収入を得る人もいます。また、企業が広告メディアの一つとしてYoutubeを使うようになっていますので、映像制作会社や広告関連の企業も関連銘柄として登場しています。

また、ユーチューバーの中には、企業の宣伝動画に出て、直接企業活動に参加するケースもあり、いまだにかなり大きな可能性を秘めている媒体と言えます。

Youtubeの関連銘柄の株価が上昇を見込む理由

Youtubeを使った広告収入ビジネスや、企業の宣伝メディアとしての使用など、ある程度Youtubeの利用スタイルは固定化されてきました。それでも、Youtubeを利用したビジネスはまだまだ成長する可能性を持っています。

動画技術も向上していますので、制作会社の対応次第では企業価値が上がる可能性が十分あります。また、既存の広告手段からYoutubeに大きく舵を切る大企業が増えてくることで、さらなる市場の盛り上がりを見せることも考えられますので、将来的な価値上昇を期待できるのです。

Youtube関連のおすすめ銘柄一覧!厳選6銘柄

Youtube関連のおすすめ株銘柄①:UUUM(3990)

動画やゲーム関連のマネジメントや制作を行っています。特にYoutube事業については、多数のインフルエンサーをマネジメントしていますし、事務所内で行うコラボ企画の成功なども注目されています。

少なくとも日本国内においてはYoutubeマネジメントのトップとなっていますので、関連銘柄への投資ということであれば、一番のおすすめ企業です。動画投稿のためのサポートなども行っていて、これから事業のすそ野が広がっていくかに注目です。

Youtube関連のおすすめ株銘柄②:AppBank(6177)

スマホアプリのレビュー記事などを制作するサービスを展開しています。その情報力を生かして、ユーザー目線のスマホアイテムを開発、販売もしています。一般的なアプリと同時にYoutubeの動画についても紹介していたり、アプリに関連する動画を掲載したりしています。

積極的にYoutubeを使っていますので、同社にとって欠かせないメディアの一つであると言えます。動画広告の分野での積極的に展開していますので、業績に影響をもたらすポイントとなっています。

Youtube関連のおすすめ株銘柄③:イグニス(3689)

スマホアプリの開発や、ゲーム開発を行っている会社です。ソーシャルゲームの分野ではいくつもの有名タイトルがあり、国内でも有数のゲーム制作会社としての知名度を得ているのが、おすすめポイントです。

VR関係の技術もあり、Youtubeにおける新しいタイプの映像提供にも対応できます。これからYoutubeでもVR映像の割合が高くなっていくことが考えられますので、その面でのノウハウが高い同社には注目したいところです。

Youtube関連のおすすめ株銘柄④:コロプラ(3668)

スマホ向けのゲームアプリの開発、制作をしています。ゲーム映像のトレーラーなどをYoutubeにアップしたり、実況映像を投稿したりして、宣伝活動に多用しています。ゲームの課金収入がメインとなっていますので、ゲームユーザー数やヒット商品の本数が大きな投資判断材料となります。

さらに、VR映像にも関わっていますので、先進的なYoutubeへの映像投稿も可能にしています。海外展開にも前向きな会社ですので、これからの事業拡大を見込めることがおすすめ理由となっています。

Youtube関連のおすすめ株銘柄➄:イー・ガーディアン(6050)

SNSに関係する総合的な支援サービスを展開しています。特に投稿監視の分野では、運営者に安心を与える技術を持っていますので、サイト運営者などからの支持が厚いです。この技術とノウハウによって、Youtubeを絡めたサイト運営者への支援が可能となっています。

広告審査についてのコンサルティングや代行も行っていますので、Youtubeの広告収入を狙う事業者にサポートを提供できます。

Youtube関連のおすすめ株銘柄⑥:クリーク・アンド・リバー社(4763)

元々は人材派遣業を営んでいます。特に映像やゲーム関連のクリエーターに強く、この分野における人材派遣では定評があります。Youtubeのための動画制作などでも、動画制作会社などに人材を派遣することがあります。

AIを使った最新技術にも携わっていて、IT技術の分野では成長を期待できるというのが、おすすめできる理由です。

Youtube関連銘柄の想定されるリスク

Youtubeはユーザーからの人気次第ですので、マネジメント会社や映像制作会社の作品がうまくいかないと、業績に直結してしまうというのがリスクとなります。また、Youtube社側のルール変更などによって、広告収入スタイルが変わることも大きなリスクとなります。

Youtube関連銘柄を購入するおすすめタイミング

Youtube投稿者として、有名人をマネジメントし始めたというタイミングは、買いに入るべき時と言えます。

また、大企業が広告メディアとして参加する場合も、映像制作などの面で参加する場合も、株価上昇の兆しが見えますので買いを入れるタイミングとなります。

その他のテーマ株に関する記事

こちらのブログでは、本記事以外のテーマ株も紹介しています。

各テーマで一攫千金が狙える有望株をスクリーニングしてご紹介していますので、宜しければご参照下さい。

 

まとめ

世界中の多くの人が利用しているYoutubeは、大きな資金が動く場でもあります。ユーチューバーとして動画を投稿する人、マネジメント会社、動画制作会社、広告メディアとして利用する企業など、関連銘柄が多くあります。

動画の人気や視聴数をチェックして、これからの業績を予測して投資することが大事です。