ESG投資関連のおすすめ銘柄3選!長期的なリターンが見込める期待株

「ESG投資」への注目が近年増しています。ESGに優れた企業を見つけ出すことができれば、環境規制や不祥事などで業績を悪化させる企業への投資を回避することができるとともに、長期的に大きなリターンを得ることのできる可能性が高いからです。

では、ESG投資関連銘柄のおすすめはどのように見つければよいのでしょうか。

ESG投資の概要解説

環境(Environmental)と社会(Social)、それに企業統治(Governance)の3つがそろった企業への投資が「ESG投資」ですが、この言葉は、もともとは2006年にアナン国連事務総長(当時)が機関投資家に向けて提唱した「責任投資原則(PRI)」によって広まった考え方です。

短期的な利益のみを追求するのではなく、企業の環境保全の取り組みや社会貢献性を鑑みて、社会にとって真に有用な企業という視点で投資先を選定すべきではないかと問いかけられました。

その後のリーマンショックによって、短期的な利益追求がどのような結果をもたらすのか明らかになったことで、PRIへの賛同者が増えるとともに、ESG投資も重要視されるようになっています。

従来の投資では、投資先を選別するための指標として用いられたのは、利益率や負債額、キャッシュフローなどの財務状況ばかりでした。しかし、財務状況の分析では、近年、意識が高まっている企業の環境問題や社会的責任への取り組みについて十分に判断することができません。

そこで、財務状況に加えて、ESGの3つが重視されるようになってきました。もちろんESG投資でも従来と同じく財務状況の分析は行います。

ただ、それだけでは不十分であり、企業の法令遵守、環境保全、社会への貢献度、労働環境の改善など、財務とは直接関係しない部分の情報もしっかり分析していこうという考え方です。

ESGの具体例を見てみましょう。環境(Environmental)であれば、CO2削減のための省エネ化が挙げられます。太陽光発電によって自社で必要な電力を発電している企業や、ガソリン自動車ではなく電気自動車の開発に力を入れるメーカーなどがそうです。

社会(Social)に関しては、地域住民への貢献や労働環境の改善などへの取り組みで判断できます。

もう一つの企業統治(Governance)は、社外取締役を登用したり株主に積極的に情報開示したりして、不正の発生しない透明な経営を進めている企業などが一例です。この3つの分野での取り組みに力を入れている企業を選定することが、ESG投資のポイントとなります。

ESG投資の関連銘柄の株価が上昇を見込む理由

なぜESG投資の関連銘柄の株価が上昇を見込めるかというと、短期的な利益追求よりも社会貢献性に力を入れている企業であるため、長期的に安定した経営が期待できるからです。もし、企業がESGを考慮せずに目先の利益にばかり囚われていたとしたらどうでしょうか。

短期的には株価が上昇することもありますが、何か問題が起こった途端に急落してしまうでしょう。

ブラック企業がそうであるように、従業員に無理をさせて短期的には大きな利益を上げることができても、やがてそのような企業からは従業員が離れていきますし、その結果、顧客も離反していきます。そうなっては企業の存続すら見込めません。

もちろん、ESGを重視してさえいれば、企業は安定した業績が残せるというわけでもありません。その相関性については、今後、検証していかなければならないでしょう。

とはいえ、短期的な利益を追及してばかりの企業よりも安定性が期待できるため、長い目で見れば株価は上昇しやすいと言えます。

ESG投資関連のおすすめ銘柄一覧!厳選3銘柄

ESG関連銘柄を選ぶ際に個人投資家が参考にしたいのが、投資格付け会社の「MSCI」が発表するESG格付け指数です。ESGに力を入れる企業を対象に、MSCIが、最低「C」ランクから最高「AAA」ランクの範囲で格付けした結果を発表しています。

そこで、この格付け指数で「AAA」の評価のESG関連銘柄のうち、2020年以降も長期的に安定したリターンが見込めるおすすめの関連銘柄を3つ紹介しましょう。

ESG投資関連のおすすめ株銘柄①:NTTドコモ

日本の通信キャリアトップ、株式会社NTTドコモはESG関連銘柄のなかでも最高「AAA」ランクです。安定した事業が見込める通信キャリアでありつつ、NTTドコモはいまだ成長を続けており、配当利回りも期待できるため、長期投資には最高の条件がそろっています。

ちなみに、同じ通信キャリアのKDDIもESG格付けは同じく「AAA」ランクですので、関心のある方はそちらも押さえておくのがおすすめです。

ESG投資関連のおすすめ株銘柄②:積水化学工業

ESG関連銘柄、第二のおすすめは、大手樹脂加工メーカーの積水化学工業株式会社です。

こちらもESG格付けは最高ランクの「AAA」で、景気の影響を受けにくいディフェンシブ銘柄であるとともに高い配当利回りがあるので、2020年以降の安定したリターンが期待できるでしょう。

ESG投資関連のおすすめ株銘柄③:オムロン

もう一つのおすすめESG関連銘柄が、電気機器メーカー大手のオムロン株式会社です。

前2社と同じくESG格付けは「AAA」であると同時に、同社はIoTや5G時代を見据えた制御機器を多数開発しており、今後大きな需要が見込めることは確実でしょう。これからの長期投資にぴったりのESG関連銘柄と言えます。

ESG投資関連銘柄の想定されるリスク

ESG関連銘柄への投資で考えられるリスクといえば、やはりそのメリットと逆の部分である短期的なリターンに弱い点でしょう。

ESGとは現時点よりもずっと先を見据えた企業の取り組みですので、安定したリターンが得られるのがいつになるかわからない面もあります。

その点、長期投資が難しい投資家にとってリスクです。

ESG投資関連銘柄を購入するおすすめタイミング

ESG関連銘柄を見つけるには、先ほど挙げたような、投資格付け会社が発表するESG格付けを参考にすることです。

また、それだけでなく、企業のサイトや有価証券報告書などを読み、どのようなビジョンで事業を展開しているのか、ESGへの取り組みはどうなっているのかなどを、自分の目でも確認することをおすすめします。

その他のテーマ株に関する記事

こちらのブログでは、本記事以外のテーマ株も紹介しています。

各テーマで一攫千金が狙える有望株をスクリーニングしてご紹介していますので、宜しければご参照下さい。

 

まとめ

従来の財務状況の分析のみでは、長期的なリターンを見込める銘柄を見極めるのは困難です。これからの長期投資は、ESGの視点を取り入れ、企業の社会貢献性からその将来性を判断していくことが大切になります。