リニアモーターカー関連のおすすめ銘柄6選!建設進捗状況に注目

リニアモーターカーは、現在日本で進められている超大型プロジェクトの一つです。交通網に大きなインパクトを与えるほどの変化をもたらすことになります。また、工事がかなり大規模であることから、ゼネコンにとっても莫大な収益を見込める事業でもあります。

さらに、パーツ製造やシステム開発などのノウハウは、これからさらに進められるリニアモーターカー事業に役立ちますし、国内だけでなく、海外における受注につながることになります。かなり大きな市場ですので、投資家としても見逃せない分野なのです。

リニアモーターカーの概要解説

従来の鉄道システムよりも速いスピードで運行できる、リニアモーターによる鉄道です。いくつかのタイプがありますが、一般的なのは鉄輪式のものと超電導磁気浮上式のリニアモーターカーです。

現在品川と名古屋をつなぐ、JR東海によるリニアモーターカー路線の建設が行われています。莫大な資金を投入して行われている工事は、全長285キロメートルにも及びます。当然ゼネコンを始めとする建設会社の利益につながりますし、周辺自治体への経済効果もあります。全体として大きな経済的なメリットがありますので、投資をするのにもってこいのジャンルと言えます。

リニアモーターカーの関連銘柄の株価が上昇を見込む理由

鉄道関連の最新技術であるリニアモーターカーは、常に注目の的となってきました。しかし、現実にサービスを開始するとなると、様々な問題があり実現はされていませんでした。

しかし、ついに現実に工事が始まり営業開始の予定が決まったということで、大きな投資チャンスとなっています。

これからいくつもの場所でリニアモーターカー路線が敷かれたり、海外に輸出したりすることが考えられますので、関連銘柄が上昇するというのは当然の見立てと言えます。

リニアモーターカー関連のおすすめ銘柄一覧!厳選6銘柄

リニアモーターカー関連のおすすめ株銘柄①:JR東海(9022)

品川、名古屋間において、リニアモーターカー路線を日本で初めて着工した企業です。リニアモーターカー関連銘柄としては、筆頭にくる企業とも言えます。元々JR東海は採算が良い企業ですので、リニアモーターカー路線ができれば、さらに投資家の注目も集まることになります。

今度の工事進捗状況や利用者の動きにもよりますが、安定した経営と前向きな拡大という点は十分おすすめできる関連銘柄です。

リニアモーターカー関連のおすすめ株銘柄②:日本車両製造(7102)

鉄道車両を開発、製造するメーカーです。JR東海のグループ会社として存在する企業ですので、JR東海と同調して株価も動く傾向にあります。当然、リニアモーターカーの製造にも関わっていて、関連銘柄の中でも特に関連性が強いところです。

国内事業だけでなく、海外への輸出も積極的に行っていますので、さらなる事業拡大を見込めるというのもおすすめの理由です。

リニアモーターカー関連のおすすめ株銘柄③:古河機械金属(5715)

土木鉱山用機械の開発と製造を行っているメーカーです。特に削岩機の製造においては、国内シェアトップを誇ります。リニアモーターカー建設では、アルプスを縦断しますので、削岩機は大きな存在となります。

この企業が持つノウハウと経験を生かして、より効率的なマシンを投入していますので、リニアモーターカー関連銘柄として業績アップに貢献していると言えます。

リニアモーターカー関連のおすすめ株銘柄④:熊谷組(1861)

ゼネコンとして大手の企業です。高層ビルの建設なども手がけていますが、特に大規模な土木建設工事の受注実績が高く、国家レベルの大型プロジェクトにも多数参加しています。シールド工法の高い技術を持っていますので、リニアモーターカーに必要な建設において大きな役割を果たすことができています。

工事の進捗状況を見ながら、積極的に投資するのがおすすめです。他の大型プロジェクトも抱えていますので、他事業におけるウォッチを欠かさないようにしましょう。

リニアモーターカー関連のおすすめ株銘柄➄:安藤・間(1791)

国内だけでなく海外でも積極的に受注を行うゼネコンです。大型土木に非常に強く、ダム建設やトンネル工事などは国内でも有数の経験を持っています。リニアモーターカー工事は難所ばかりですが、これまで培ってきた経験を生かして、工事を進める力を持っています。

受注金額も大きいので、大きな収益を見込めるというのもおすすめポイントです。他の大規模プロジェクトでも、比較的収益性が高い状況ですので、期待が持てる関連銘柄となっています。

リニアモーターカー関連のおすすめ株銘柄⑥:錢高組(1811)

ゼネコンの中では中堅に位置する企業です。都市開発などの事業を行っていて、総合的な建設事業を展開しています。特にシールド工法に強く、様々な現場における経験と高い技術を武器にリニアモーターカープロジェクトにも参加しています。

老舗ゼネコンとしての地位を保っていて、安定感のある経営が強みです。こうした安定性もおすすめできる理由となっています。アフリカにおける開発プロジェクトもあり、海外への進出にも積極的です。

リニアモーターカー関連銘柄の想定されるリスク

リニアモーターカー事業自体は、非常に大きなチャンスを持っています。しかし、建設の遅れや敷設区間の自治体の反対などがあると、プロジェクトの進行が停滞してしまうことになります。

こうしたリスクは完全に路線開設するまで付きまとうことになります。また、建設における事故や、コストアップなどの問題もリスクとなりえます。しっかりと工事の進捗状況と、それぞれの企業における問題をウォッチしていく必要があります。

リニアモーターカー関連銘柄を購入するおすすめタイミング

工区の完成発表は大きな購入のタイミングとなります。また、現在敷設にあまり乗り気でない自治体から受け入れの返答があった場合も、値が動く可能性があります。

工事は予定よりも遅れることが多いため、工事をスムーズにする要素が生まれた時はいつでも買いタイミングと見て良いです。

その他のテーマ株に関する記事

こちらのブログでは、本記事以外のテーマ株も紹介しています。

各テーマで一攫千金が狙える有望株をスクリーニングしてご紹介していますので、宜しければご参照下さい。

 

まとめ

リニアモーターカーは、JR東海が行っている国家的な事業です。そのため、莫大な資金が投入されていますし、関連する企業もかなりの数に上ります。

おすすめの関連銘柄はあくまでも直接的に建設に関わっている企業ですが、他にもたくさんの企業がありますので、細かくウォッチして投資判断をしたいものです。