クラウドコンピューティング関連のおすすめ銘柄6選!開発力と受注状況に着目!

クラウドコンピューティングを使ったサービスは、特にビジネスシーンで急速に広まっています。一般の業務管理システムや情報共有ツールなどもクラウドになっていて、効率よく作業ができるようになっています。

自社でシステム管理をしなくても良いという利点がありますし、クラウドシステムを使うことによって、効率的なアウトソーシングもできます。こうしたことからクラウドコンピューティングの関連銘柄は、より価値を上げる可能性を秘めています。

おすすめ銘柄をチェックすると同時に、それぞれの企業の特徴を把握することができます。

クラウドコンピューティングの概要解説

自分の手元にデータベースやソフトウェアがない状態で、サービス提供元にアクセスすることによって、データやプログラムを利用できる技術のことです。

一般ユーザーは、写真などのデータを管理者のデータベースに保管して、ネット接続することによって送受信ができるという使い方をします。BtoBのシーンでは、業務管理のシステムや顧客データなどを自社では持たず、ネット接続をすることによって運営元のシステムで利用するという使い方が見られます。

より気軽にシステムを使えますし、業務のアウトソーシングもできるという利点があります。

クラウドコンピューティングの関連銘柄の株価が上昇を見込む理由

クラウドコンピューティングにより、より気軽に様々なサービスが提供されるようになっています。企業向けの業務管理システムは、今まで大企業のみが使える状況でしたが、より気軽に利用できるなったため、中小企業でも活用できます。

サービス提供元としては、それだけ業績が上がりますので、関連銘柄の株価上昇を見込めます。また、新興企業でもサービスに参入しやすい技術ですので、今までにないアイディアを持つ企業が急激に成長するチャンスもあります。

投資家にとっても大きなチャンスとなりますので、既存関連銘柄だけでなく、新しい銘柄にも注目したいところです。

クラウドコンピューティング関連のおすすめ銘柄一覧!厳選6銘柄

クラウドコンピューティング関連のおすすめ株銘柄①:オプティム(3694)

ビジネス用のスマホやタブレット、専用携帯端末などの管理システムを提供している企業です。特にクラウドコンピューティングの技術を使ったシステムを提供していて、効率的な支援サービスを行っているのが特徴です。

様々なリモートコントロール技術を持ち、実際のサービスに活用して評価を高めています。この分野における特許を複数持っているというのも強みで、関連銘柄の中でも特におすすめできる理由がここにあります。

クラウドコンピューティング関連のおすすめ株銘柄②:さくらインターネット(3778)

データセンターを運営している会社で、この分野では大手です。レンタルサーバーのサービスの他に、ホスティングクラウドのサービスも行っています。

クラウドコンピューティングでは広い範囲に及ぶサービスを提供していますが、特に小企業も使える融通性のあるシステムを開発しているのが強みです。また、教育機関への提供実績も高く、信頼性があるというのがおすすめポイントです。

クラウドコンピューティング関連のおすすめ株銘柄③:アステリア(3853)

専門性の高いシステム開発を行っています。ビジネス向けの業務管理や情報共有システムに強く、様々なサービスを連携させるクラウドコンピューティングが高評価を得ています。ブロックチェーン技術もあり、高いセキュリティー性を持っていますので、重要情報を扱う企業からの引き合いもあります。

開発力が高く独自のサービスを提供しているという点で、他社との差を見て投資をしたい人におすすめです。

クラウドコンピューティング関連のおすすめ株銘柄④:ぷらっとホーム(6836)

サーバー向けのストレージ機器などを開発しています。また、業務管理のためのシステム開発も行っています。クラウドコンピューティングを使った効率的なサービスに強く、多くの企業から受注しています。IoTのデータ管理もしていて、最新技術の取り扱いにも長けています。

技術力が高いので、安定した業績を上げられるというのがおすすめできる点です。

クラウドコンピューティング関連のおすすめ株銘柄➄:日本システムウエア(9739)

IoT関連の総合サービスを提供すると共に、制御システムの開発を行っています。クラウドコンピューティングを利用したデバイスの活用にも強く、豊富なノウハウを持ちます。

デバイス開発の面では、大手企業との契約も多数抱えていて経営が安定しているというのも投資家にとってはプラス材料となります。

クラウドコンピューティング関連のおすすめ株銘柄⑥:コア(2359)

IoT用の組み込むソフトの開発をメインとしています。クラウドコンピューティングによる管理も可能とする技術を持っていて、開発力が強いのが特徴です。

企業向けのシステム開発も実施していて、特に金融機関向けのシステムに強いです。すでに大手の顧客もありますので、安定性があるというのがおすすめできる理由です。

クラウドコンピューティング関連銘柄の想定されるリスク

クラウドコンピューティングは、全体的に業績が向上していますが、その分競争が激しくなっています。企業ごとの受注状況や業績、開発商品などを定期的にチェックする必要があります。

業界全体としては良いものの、投資した関連銘柄が落ち込むというリスクがありますので、常に注意を払うべきです。同時にオンラインサービスは、セキュリティーのリスクが常に付きまといます。

不正アクセスなどのトラブルが生じた場合、一気に価値を下げるリスクとなります。

クラウドコンピューティング関連銘柄を購入するおすすめタイミング

新しいシステムサービスを開始したタイミングや、大手企業からの受注があった時などは買いとなります。

おすすめの関連銘柄は、すでに高い技術と実績があり安定していますが、新興企業が画期的なサービスを打ち出した時などは、購入の判断を下すこともできるでしょう。

その他のテーマ株に関する記事

こちらのブログでは、本記事以外のテーマ株も紹介しています。

各テーマで一攫千金が狙える有望株をスクリーニングしてご紹介していますので、宜しければご参照下さい。

 

まとめ

クラウドコンピューティングは、ビジネスシーンでかなり用いられるようになっています。小企業にも普及するようになっていますので、これからさらに業界規模が大きくなることが予想されます。

すでに高い実績を上げている企業だけでなく、新サービスを始める参入企業の登場にも注目したいところです。急成長を遂げる企業が出てくる可能性がありますので、ウォッチを続けるようにしましょう。