ウェアラブル端末関連のおすすめ銘柄6選!これからの普及に注目!

スマホの普及と同時にウェアラブル端末の利用も世界中で進んでいます。スマホとの接続によってたくさんの機能を使えるようになっていますので、日常生活やエンタメで役立つ端末として親しまれています。

以前は技術的に難しく、ノウハウを持つ大手企業しか製造できていませんでしたが、今では技術も進み、多くの企業が開発するようになっています。

ウェアラブル端末は、様々なパーツが関係するため、関連銘柄も多くなっています。おすすめの関連銘柄は、どれもいろいろな分野でパーツ提供していますので、高い技術と実績を持っているところばかりで安心です。

ウェアラブル端末の概要解説

ウェアラブル端末は、腕時計のように装着したり、メガネのように着けたりできる端末です。スマホと同じようなネット接続やアプリ動作の機能があります。かなり小型ではありますが、多機能ですのでとても利便性が高いツールです。

スマホよりも小型でいつでも身に着けていられるため、移動の際にも使えるというメリットがあります。たいていのウェアラブル端末は、スマホとの連動がなされます。そのため、スマホとセットで利用することが多い傾向にあります。

ウェアラブル端末の関連銘柄の株価が上昇を見込む理由

スマホはすでに世界中に浸透する必須ツールの一つとなっています。それをさらに進めて、より便利で使いやすい端末としてウェアラブル端末が、これから普及していくことが考えられます。

そのため、すでにスマホを持っている人が、ウェアラブル端末を購入する機会も増えますので、メーカーにとっては大きなチャンスです。

ウェアラブル端末を製造するためには、液晶メーカーや半導体メーカー、原材料提供をする企業など、いろいろな関連銘柄があります。業界自体が成長することで、関連銘柄全体の業績がアップしますのでおすすめのジャンルとなっています。

ウェアラブル端末関連のおすすめ銘柄一覧!厳選6銘柄

ウェアラブル端末関連のおすすめ銘柄①:ソニー(6758)

家電など電化製品の大手メーカーです。特にAV機器に強く、高いブランド力を持っています。スマホを始めとする小型端末の開発、販売でも高いシェアを持っていますので、ウェアラブル端末においてもこれから期待が持てる関連銘柄です。

また、実際に端末を開発するというだけでなく、ゲームなどのソフト面でも関連する事業を行っていますので、広い範囲で収益を上げられるというところがおすすめ理由です。

5G関連のおすすめ株銘柄②:ジオマテック(6907)

スマホやタブレット、そしてウェアラブル端末の画面に使われるフィルム製造を行っている企業です。ガラス基板の上に成膜をするという技術においては、国内だけでなく世界的に見て有数の技術を持っていて、このジャンルの大手となっています。

最新の液晶技術に対応する開発力を持っていますので、新しい世代が出ても業界のけん引役となれる力を持っています。

5G関連のおすすめ株銘柄③:東レ(3402)

繊維メーカーとして世界的に技術力、シェアの面で強い企業です。ウェアラブル端末を構成する部品を調達することもあり、商品作りに欠かさない役割を演じます。電子材料も製造していますので、他のメーカーには作れない特殊な技術でパーツを作れるというのも強みです。

特殊材料のジャンルでは抜きんでた企業となっていますので、安心して投資できるというのもおすすめのポイントです。

5G関連のおすすめ株銘柄④:オリジン(6513)

電源パーツの製造の大手です。特にデバイス機器の電源は小型で効率の良いものが求められますので、同社のような高い技術を持った企業は欠かせない存在となっています。

半導体デバイスの開発、製造も行っていますので、幅広いジャンルでの引き合いがあるのもおすすめできる理由です。こうしたジャンルでは、高い技術力と開発力があることが重要な要素となってきますが、その点でも申し分のない企業ですので安定感があります。

5G関連のおすすめ株銘柄➄:フジプレアム(4237)

液晶部材とソーラー電池システムのパーツを製造している企業です。ウェアラブル端末に必要なパーツの製造にかかわっていますので、関連銘柄として業界の売れ行きに関係しています。液晶パネル光学フィルターの分野では、独自性のある技術と販売実績を持っています。

また、ソーラー電池の分野では、世界的に評価が高い超薄型の製品を作りだせるため、小型端末には持ってこいです。こうした特殊技術を持つことが大きなおすすめの点と言えます。

5G関連のおすすめ株銘柄⑥:SMK(6798)

タッチパネルやコネクターを始めとする接続パーツの大手です。スマホ端末に利用されるパーツ製造を行っていて、ウェアラブル端末でも応用できるパーツも可能です。精密技術においては高い技術と評価があります。

いくつもの高シェアブランドに採用されていますので、好業績を引き続き期待できるというのがプラス材料となっています。

ウェアラブル端末関連銘柄の想定されるリスク

ウェアラブル端末は順調に普及が進んでいますが、それでもスマホのような伸び率はありません。スマホを持っていればウェアラブル端末は不要と考えるユーザーも多いからです。

そのため、ウェアラブル端末のニーズが停滞する兆しが見える時には価値下落のリスクとなります。また、中国などの海外パーツメーカーの攻勢も激しいので、国内メーカーが追いやられてしまうというのもリスクです。

ウェアラブル端末関連銘柄を購入するおすすめタイミング

人気の高いブランドの新商品発表や、高い売れ行きが出たとの発表は価格上昇が見られます。そのため買いのタイミングと考えることができます。

新たに特定のブランドもしくは新商品へのパーツ供給を行ったという情報を得た時も買いと見ることができるでしょう。

その他のテーマ株に関する記事

こちらのブログでは、本記事以外のテーマ株も紹介しています。

各テーマで一攫千金が狙える有望株をスクリーニングしてご紹介していますので、宜しければご参照下さい。

 

まとめ

ウェアラブル端末は、世界中でこれから販売台数が高くなることが期待されています。しかし、スマホのように普及するかは不透明な状況にあります。製品の売れ行き状況を注視して、株価にどう影響するかを考える必要があります。

また、パーツ提供を行っている企業の場合は、他が作れないパーツや高い技術を武器にシェアを占めているのであれば価値上昇を見込めます。一方で競争が激しくなっている分野でもありますので、海外勢の動きにも注意する必要があります。