食肉関連のおすすめ株銘柄6選!人工肉などの新しいジャンルに注目

食に関わる関連銘柄というのは、生活に関係するジャンルということもあって、安定した状況が見られるのが特徴です。特に食肉分野では、それほど上場しているような大きな企業がないため、投資判断がしやすいというのもポイントです。

加工した肉製品の販売のみをしているところもあれば、海外からの輸入を手がける企業、畜産まで行う企業など、それぞれの方針がはっきり出ています。それぞれの事業の方向性を知り、投資をしていく必要があります。

そこで、この分野の投資ポイントやおすすめ関連銘柄をここでチェックすることができます。

食肉の概要解説

食肉は、鳥や豚、牛、羊などの畜産物の肉類を指します。広い定義では魚介類も含みますが、企業の取り扱いという点でははっきりと分かれるため、投資基準としては、あくまで鳥獣の肉という考え方があります。

最近では人工肉や昆虫などの食品も食肉として脚光を浴びていますので、まだまだシェアは小さいものの、新しいジャンルとしてチェックすることができます。

それぞれの企業で、食肉の加工だけをしているところもあれば、畜類の飼育をしているところもあります。単なる食肉加工だけでなく、畜産業関連企業も関連銘柄として考えることもできます。

食肉の関連銘柄の株価が上昇を見込む理由

食肉は常にニーズの高いジャンルです。しかし、現在は和牛の評価が海外で高まっていることや、人工肉などの新しい技術による産業が大きくなっていることが違いとして見られます。

既存産業ではありますが、これから新たに伸びる可能性を大きく持っていますので、投資家としても注目したいところです。

こうした動きが大きく広まっていくようであれば、関連銘柄の株価上昇もはっきりと認められるでしょう。元々安定した業績を上げている上場企業が多いので、堅調な投資ができるというのもこのジャンルでの投資をおすすめできる理由です。

食肉関連のおすすめ株銘柄一覧!厳選6銘柄

食肉関連のおすすめ株銘柄①:日本ハム(2282)

食肉加工メーカーとして国内では最大手となっています。長年消費者に愛される商品をいくつも持っていますし、開発力も高いので安心して投資できるのがおすすめポイントです。食肉加工に留まらず、牛豚類の飼育も行っていて、製品の原材料の生産から販売まで一貫供給できるのが強みです。

堅調な株価の動きを見せていますので、投資初心者でも買いやすい関連銘柄だと言えるでしょう。

食肉関連のおすすめ株銘柄②:大塚ホールディングス(4578)

製薬会社として大手企業です。様々なサプリメントも作っていて、シェアを伸ばしています。加工技術が高く、その技術を生かして人工肉の開発も行っています。国内における人工肉需要はこれから大きくなりますので、スターターとして投資するのに適しています。

元々投資が活発になされている企業ですので、投資しやすいのもおすすめできる点です。配当を狙って投資をするというケースにも向いています。

食肉関連のおすすめ株銘柄③:不二製油グループ(2607)

油脂メーカーとして大手の企業です。原料の輸入や、海外における製菓企業の買収などを通じて、海外進出にも積極的です。様々なタイプの油脂を提供していますが、特に製菓材料に強いのが特徴です。

大豆たんぱく質を使った人工肉の開発にも携わっているので、これから上昇する新しい食肉ニーズにも対応できるところも、おすすめできる理由です。

食肉関連のおすすめ株銘柄④:湖池屋(2226)

菓子メーカーとして国内での知名度が高い企業です。特にポテトチップスの分野では、高いシェアと影響力を持っています。

特に食肉生産や加工を行っているわけではありませんが、人工肉の開発に携わっていますので、新たな食肉分野に参入という意味で関連銘柄としておすすめできます。

日清食品ホールディングスが筆頭株主となっていて、バックに強い資本力がありますので、安心して投資できるのも魅力です。

食肉関連のおすすめ株銘柄➄:三井物産(8031)

国内の商社として大手であり老舗の企業です。あらゆる分野における輸出入や投資を行っています。

特に原油やインフラ事業で強く、海外事業での収益性も高いという特徴もあります。商社としての強みを生かして、食肉の輸出入にも携わっていて、国内流通の価格情勢に一役買っています。

特に牛肉は海外からの輸入が多いため、商社の動きというのは全体的な業績、そして株価に関わってきます。

食肉関連のおすすめ株銘柄⑥:丸大食品(2288)

食肉加工の大手です。ハムやソーセージの分野では、歴史が長いヒット商品も多く、安定した売れ行きを出しています。関西がメインの販売ルートとなっていますが、全国規模で高い人気を誇っているのがおすすめできる点です。

商品開発力が強く、新商品や今まで出していなかったサービスも展開していて、事業拡大や改善にも積極的です。

食肉関連銘柄の想定されるリスク

食肉関連銘柄では、常に食品汚染や感染症などのリスクにさらされています。日本国内でも豚コレラや鳥インフルエンザなどの感染症が出ることもあり、食肉価格の高騰につながります。

また、海外における規制や輸出制限なども、自給率の低い日本においては大きなリスクとなりえます。企業としては何の問題もないものの、外的要因が影響することが多いので、世界情勢をチェックすることも求められます。

食肉関連銘柄を購入するおすすめタイミング

ヒット商品の誕生や売れ行きアップは関連銘柄を押し上げるものとなりますので、買いのタイミングです。

また、人工肉などの新しい分野も進んでいますので、新商品の発表や企業とのコラボレーションなども、買いを入れるタイミングとなりえます。さらに、輸出入に携わっている企業の場合は、規制緩和や関税の引き下げなども買いのタイミングとなりえます。

その他のテーマ株に関する記事

こちらのブログでは、本記事以外のテーマ株も紹介しています。

各テーマで一攫千金が狙える有望株をスクリーニングしてご紹介していますので、宜しければご参照下さい。

 

まとめ

食肉関連銘柄は、大きなトラブルが生じない限りは、安定した状況を見せています。そのため、堅調な投資ができるというメリットがあります。そのため、初心者でも比較的投資がしやすいジャンルとなります。

同時に、人工肉などの新しい分野の食肉事業もあり、これからの動きからも目が離せません。関連銘柄の中にはそう多くの企業があるわけではありませんので、おすすめ銘柄を中心に狙いを付けた企業のウォッチを継続しましょう。