遺伝子治療関連のおすすめ株銘柄5選!発展と将来性を秘めた注目分野

遺伝子研究が加速度を増しながら進歩していることは医療に詳しくなくとも日ごろのニュースを見ているだけでも推測することができます。

そうなると当然市場の拡大も予想できますし、関連銘柄が投資の選択肢としておすすめになる可能性を秘めていることも推測できます。

しかしその一方、やはり少々難しい分野でもあるため、どの関連銘柄が今後「買い」なのかわかりにくい面もあります。

遺伝子治療の概要解説

遺伝子治療とは文字通り遺伝子情報を活用した治療のことです。iPS細胞の研究がノーベル賞を受賞したことで注目を集めるようになりましたが、遺伝子を病気を持つ患者の体内に挿入することでその遺伝子の働きで治療するのが一般的です。

例えばがん治療では注入した遺伝子が正常なたんぱく質を体内で作り出すことでがん細胞の影響で正常な機能を果たすことができないたんぱく質に代わったり、がん細胞の活動を抑制する働きが得られます。

またiPS細胞のように病気によって損傷を受けたり失ってしまった組織を再生される治療の研究も進められています。

がん細胞の治療といえばこれまではがん治療薬の投薬か放射線治療がメインでした。どちらもがん細胞の働きを抑制するという点においては確かな効果が期待できる一方、強い副作用をもたらし、患者に負担を強いてしまうという大きな難点を抱えています。

このように負担をかける治療ではなく、体内で自然とがん細胞を抑制できるような治療ができればがん治療を巡る環境は大きく変化することが期待されています。

遺伝子治療はその意味でがん治療にとどまらずこれまでの医療行為を根本から変える可能性を秘めているのです。

遺伝子治療の関連銘柄の株価が上昇を見込む理由

遺伝子治療の関連銘柄の株の上昇が見込めるのはこうした可能性ゆえです。これまでにない優れた、それも患者への負担が少ないがん治療ができれば需要は一気に高まるでしょうし、株価の急上昇も期待できます。

しかも一度有効な遺伝子治療が開発され、その評価が確定すればそう簡単には業績は下がらず、株価も安定した上昇気流を維持することができるでしょう。

なお、日本・ヨーロッパ、アメリカにおける遺伝子治療薬の市場規模は2016年の段階で推定24億円程度ですが、これが2030年までには5兆6000億円規模にまで急拡大することが予想されています。

これだけ急激に市場規模が拡大するわけですから、投資先として「買い」なのは間違いないでしょう。この分野そのものがおすすめと言えます。

遺伝子治療関連のおすすめ銘柄一覧!厳選5銘柄

ただ難しいのが投資先の選択です。医療や遺伝子に詳しくない投資家がどうやって有望な関連銘柄を見つけるか。もっともわかりやすいのは遺伝子治療に関する情報をこまめにチェックすることです。

細かい内容はよくわからなくても新しい薬の開発が発表されれば株価の上昇が期待できるからです。

遺伝子治療関連のおすすめ株銘柄①:タカラバイオ

おすすめ関連銘柄として筆頭に挙げられるのはタカラバイオです。東京大学と腫瘍免疫遺伝子治療を、三重大学とCAR遺伝子治療の共同研究を行っているほか、大塚HDと急性リンパ芽急性白血病の治療薬の開発を行うなどこの分野において積極的な動きを見せており、まさに注目株と言えます。

遺伝子治療関連のおすすめ株銘柄②:富士フィルム

さらに意外なところでは富士フィルムもおすすめ関連銘柄として挙げられます。

近年化粧品などフィルムメーカーとしてのイメージを脱却する事業展開を見せている富士フィルムホールディングスでは医療品関連事業にも力を入れており、がん治療を中心とした遺伝子治療薬の研究を行っています。事業を多角化しているため遺伝子治療以外の動向もチェックしながら検討していきたい銘柄です。

遺伝子治療関連のおすすめ株銘柄③:アイロムグループ

2022年に遺伝子治療薬の「虚血肢治療剤」が発表される予定になっているアイロムグループもおすすめ銘柄として見逃せません。

この薬は糖尿病など現代社会で患者が増えている病気に対する治療に用いられるため、需要と期待の大きさもおすすめ銘柄として挙げる理由になっています。

遺伝子治療関連のおすすめ株銘柄④➄:アンジェス・田辺三菱制約

同じく糖尿病関連の遺伝子治療薬の開発で期待が集まっているのがアンジェスと田辺三菱製薬です。2019年にはすでに国内での条件付きの販売承認を取得しており、早い段階での実用が期待できるのも協調材料です。

しかも2019年8月にはこの薬剤の保険適用も決まっており、需要の急拡大も期待できます。

なおアンジェスに関してはもうひとつ強調材料として2019年2月に「コテラジェン」と呼ばれる遺伝子治療薬が厚生労働省から承認を受けたことが話題になりました。

その際には株価も急上昇しており、今後の遺伝子治療関連銘柄の動向を探る格好のサンプルケースにもなっています。

遺伝子治療関連銘柄の想定されるリスク

最大のリスクは「先が読めない」点です。すでに実用化の段階に入っている治療・薬もありますが、そのほとんどはこれから研究を進めて実用化を目指していく段階にあります。

市場への投入が期待されている薬剤が実際に完成して実用化されるのが何年後なのか予測できない面もあるのです。

しかも完成・投入された薬剤がじっさいにどれだけ効果を発揮するのか、評価を得るのかも未知数です。ある意味「先物買い」のリスクを抱えている分野と言えるでしょう。

遺伝子治療関連銘柄関連銘柄を購入するおすすめタイミング

関連銘柄を購入するおすすめタイミングはアンジェスのケースで見られたように新開発された遺伝子治療薬が厚生労働省によって認可された時です。

この段階で市場では「この薬は効果が期待できる」と判断し、実際に医療の現場に投入するよりも一足先に買い注文が殺到する傾向が見られるのです。

また新しい治療薬の開発を発表、また企業同士、または研究期間との共同開発の発表の際に株価が上昇することも多いのでおすすめタイミングとして覚えておきたいところです。

その他のテーマ株に関する記事

こちらのブログでは、本記事以外のテーマ株も紹介しています。

各テーマで一攫千金が狙える有望株をスクリーニングしてご紹介していますので、宜しければご参照下さい。

 

まとめ

このように遺伝子治療は投資の対象としてだけでなく私たちの健康・医療の環境を大きく進歩させる可能性を秘めている分野です。素晴らしい治療薬が生まれれば株価が上昇するのは確実ですし、そう簡単には下がらない。その意味では投資先を見つけやすいとも言えます。