認知症関連のおすすめ銘柄5選!超高齢化で注目の分野

高齢化の影響で認知症やそれがもたらす生活環境の問題、家族の負担増が大きな問題になっている一方、認知症の治療薬の開発が加速化しています。この両方の理由から認知症関連の銘柄が市場でも注目を集めるようになっています。

認知症の概要解説

認知症はかつて「痴呆症」と呼ばれていたこともあるため、そのイメージが強く残っています。正確には脳の細胞の働きが低下したり、または死んでしまうことで機能が低下してしまう状態を言います。

この脳の問題は物忘れがひどくなるといった日常生活で不便な思いをする程度の症状もあれば、自分の行動を覚えられない、思い出せないといった深刻な影響を及ぼす場合もあります。一般的には後者の段階にまで達した場合に認知症と扱われています。

医療の分野におけるこの認知症の最大の特徴は現時点でまだ完治させることができる治療薬が開発されていない点です。つまり完全に防ぐことも治療することもまだ不可能、どこまで防ぐことができるか、どの程度進行を遅らせることかできるかの段階でさまざまな研究が進められているのです。

とくに認知症の症状の中でも多くを占めると考えられているアルツハイマー型認知症の治療は2010年代に入るころから急速に進んでいます。

こうした事情から認知症は「いかに防ぐか、治すか」だけでなく「共存していくか」が求められています。認知症を抱えながらも日常生活を送ることができる環境を作る、周りの人たちとのかかわりを持つ社会的な生活を送れる環境を目指す。

医療の分野でもこのビジョンに合わせた薬の開発や治療が目指されているのです。治療薬の開発でも効果だけでなく、患者の負担が少なく、無理なく投薬と治療が続けられる薬が求められています。

認知症の関連銘柄の株価が上昇を見込む理由

こうした認知症を巡る状況を見ても今後関連銘柄の株価上昇が見込めることが容易に推測できるでしょう。需要は高いにもかかわらず供給がうまく追い付いていない、となれば当然関連銘柄に期待が集まり、株価の上昇も期待できるというわけです。

ポイントとしてはまだ未知な分野でもあるため、期待感が市場に影響を及ぼすケースが多い点です。実際に治療薬が投入されたときよりもむしろ新しい開発や研究が発表された時の方が株価が上昇しやすい面があるのです。

そして確かな効果が期待できる薬が開発された場合、または臨床の段階で実際に効果があらわれた薬が実用化された時に一気に株価が高騰するケースも見られます。こうした需要が高いにも関わらず未知な面が多く、今後の展開に期待が集まっているからこそ株価が上昇しやすいという特徴も意識しておきたいところです。

認知症関連のおすすめ銘柄一覧!厳選5銘柄

当然筆頭となるのは製薬会社だと思われがちですが、実際には実用化を目指す薬の研究はまだまだ途上にあり、買い材料がなかなか見つからない面も見られます。例えば①エーザイなどは以前から積極的に認知症の治療薬の開発を行っていますが、株価への影響があまり見られません。

その一方で製薬業以外の会社で認知症関連の動きが株価上昇のきっかけになるケースが見られています。例えば②サッポロは京都大学と共同でアルツハイマー型認知症の研究を行っており、ビールの原材料しておなじみのホップがアルツハイマー型認知症の抑制に役立つ研究結果を発表したときには大きな話題となりました。今後も動向が見逃せないおすすめ関連銘柄となるでしょう。

さらに③富士フィルムホールディングスでは軽度~中等度のアルツハイマー型認知症の治療薬を手掛けており、アメリカにおける臨床試験で高い効果が得られたとの発表を行い市場にも影響を及ぼしました。

このようにアルツハイマー型認知症の研究が積極的に進められている状況で、この病気の研究や試薬を手掛けているコスモ・バイオや中枢神経領域の臨床試験を手掛けている④リニカルといった一般ではあまり知られていない医療関連の銘柄もおすすめとして挙げることができそうです。

ほかには➄ユーグレナはユーグレナ(ミドリムシ)に認知症抑制効果があることを発表し、この分野で注目を集めました。この企業の主力分野である健康食品も市場の拡大が進んでいるだけにチェックしておきたいおすすめ関連銘柄となるでしょう。

認知症関連銘柄の想定されるリスク

リスクとしてはやはりまだ決定的な治療薬がなく、期待が先走りしやすい点が挙げられるでしょう。これまでもいろいろと挙げてきた認知症への効果が期待できる研究結果が実際に新薬の開発にどれだけ役立つのか、それを実用化することができるのか、まだまだ未知数な段階で買い注文が集まって株価が上昇する傾向が見られます。

そのため一時的に株価が上昇するものの熱が冷めると下落して元の水準に戻るケースも多く、購入だけでなく売却のタイミングもうまく見計らう必要がありそうです。

また新薬の研究・開発から実用化までには時間がかかります。数年後に市場がどのような状況になっているのが読みにくい面もあり、長期的な視点で投資を行っていくのが難しい点もリスクとして挙げることができるかもしれません。

認知症関連銘柄を購入するおすすめタイミング

これまでも触れてきたように今後の研究・開発への期待から買い注文が集まる傾向が見られます。おすすめタイミングとしてはこうした市場の期待をかきたてるような研究が発表されたときがまず挙げられます。

また新規参入や複数の企業の共同開発の発表もおすすめタイミングとして挙げることができます。先述したサッポロやユーグレナ、富士フィルムなど本業で培ってきたノウハウを認知症治療の研究に役立てようとする企業も多く、新規参入から一気にこの分野の主役に躍り出る可能性もあります。

こうしたニュースもこまめにチェックしてチャンスを逃さないようにしましょう。

その他のテーマ株に関する記事

こちらのブログでは、本記事以外のテーマ株も紹介しています。

各テーマで一攫千金が狙える有望株をスクリーニングしてご紹介していますので、宜しければご参照下さい。

 

まとめ

高齢化の進行で認知症対策が急がれており、官民が連携しての研究が今後進んでいきます。そうなると市場全体が急速に縮小・冷却化していく可能性は低く、継続した成長と上昇が期待できます。

一方で何度か触れてきたように期待票による一時的な株価の上下が見られること、先行きが見えにくいことなどの注意点もあります。いかに上昇気流を掴みつつ、リスクを避けながら賢く投資を続けていくことができるか、銘柄やタイミングを見極める目が求められる分野となりそうです。