VR(バーチャルリアリティ)関連のおすすめ銘柄6選!ゲームと映画作品に注目

ビジュアル技術は時代と共に大きな進歩を見せてきましたが、近年は特にVR(バーチャルリアリティ)の技術が目覚ましい発展を遂げています。それに伴い、VR(バーチャルリアリティ)関連銘柄の価値上昇も期待でき、投資家としては大きな望みを持てるジャンルです。

VR(バーチャルリアリティ)を制作、再生する装置そのものを作る企業はもちろん、ソフト面での供給会社、自社のサービスに導入する企業も多くあります。関連銘柄が多くなりますので、どの企業に投資するか的を絞る必要があります。そのためのポイントを押さえて、投資を成功させましょう。

VR(バーチャルリアリティ)の概要解説

VR(バーチャルリアリティ)は、「仮想現実」を意味する言葉です。映像再生の一つの技術として、まるでそこにいるかのように感じさせる、リアル感が非常に強い再生ができるのが特徴です。一般的にはゲームや映画などの再生のために使われることが多いです。

他にも、ドローンやロボットを使った遠隔操作のために用いることもできます。

また、軍事用も含めて特殊な作業の訓練を、効率的に進めるために使えるのもメリットです。他にも、住宅メーカーなどが自社物件を紹介するのに、VR(バーチャルリアリティ)を顧客に見せるなどの実例も増えています。

VR(バーチャルリアリティ)の関連銘柄の株価が上昇を見込む理由

VR(バーチャルリアリティ)の応用範囲は、技術の進歩と浸透と共にかなり広くなります。現在のところは、この分野に興味を持つ人が装置を購入している程度ですが、将来的には一般家庭にも普及していくことが考えられます。

また、遠隔医療を始めとする遠隔サービスが普及すれば、その操作を支えるVR(バーチャルリアリティ)技術は必要不可欠なものとなります。5Gによる高速通信も世界中で進んでいますので、VR(バーチャルリアリティ)をオンラインで使えるようになるというのも、関連銘柄の株価を上昇させる要因となります。

VR(バーチャルリアリティ)関連のおすすめ銘柄一覧!厳選6銘柄

VR(バーチャルリアリティ)関連のおすすめ株銘柄①:「任天堂(7974)」

ゲーム機やソフトのメーカーとしてトップのシェアを誇る企業です。歴史を通じてたくさんのゲームソフトを開発していて、世界中に多くのファンを持っています。これからVR(バーチャルリアリティ)を使ったゲームを開発し、その割合を増やしていくことが予想されます。

そのため、この分野の関連銘柄として数えることができます。収益性の高い事業システムを持っていますので、初心者にもリスクの低い関連銘柄となるというのもおすすめ理由です。

VR(バーチャルリアリティ)関連のおすすめ株銘柄②:テレビ東京ホールディングス(9413)

民放テレビ局です。アニメやドラマのファンが多く、インターネットでの配信にも積極的に関わっています。現在のところは具体的にサービスを展開しているわけではありませんが、VR(バーチャルリアリティ)を使った映像配信も将来的に視野に入れていて、これからの動きに注目したいという意味でおすすめ関連銘柄です。

映画の配給も行っていますので、最新技術を駆使した作品に用いることもありえます。

VR(バーチャルリアリティ)関連のおすすめ株銘柄③:キヤノン(7751)

OA機器のメーカーとして世界的に見ても大きなシェアを持つ企業です。特にカメラやレンズの分野での評価が高く、一般用の製品からプロ用まで高性能の製品を提供しています。VR(バーチャルリアリティ)用の装置も開発に含まれていて、キヤノンの新しい製品基軸となることもあります。

医療機器の開発メーカーとしてもシェアが高いので、医療用のVR開発という面でも注目したいところです。

VR(バーチャルリアリティ)関連のおすすめ株銘柄④:エレコム(6750)

OAやパソコン関連機器のメーカーです。特にキーボードとマウスの国内シェアとなっているので、おすすめしやすい関連銘柄です。比較的安価で質が良い製品を作ることに定評がありますので、VR(バーチャルリアリティ)装置においても、高い開発力と品質保持のメリットを活かした商品作りができると期待されています。

スマホ関連機器の開発にも力を入れていますので、スマホ用のVR(バーチャルリアリティ)装置にも注目できます。

VR(バーチャルリアリティ)関連のおすすめ株銘柄➄:IMAGICAグループ(6879)

映像に関する総合的なサービスを展開しています。映像制作だけでなく、現場のニーズに合わせて映像関連機器も開発しています。アメリカの映像関連企業を買収するなど、事業拡大にも積極的な点を評価しておすすめ関連銘柄としています。

最新の技術を世界的なニーズに合わせて取り入れていく姿勢がありますので、VR(バーチャルリアリティ)の分野でも導入を進めていくようになります。

VR(バーチャルリアリティ)関連のおすすめ株銘柄⑥:クリーク・アンド・リバー社(4763)

一般映像とゲーム映像のクリエイティングをしている会社です。自社での制作だけでなく、クリエーターの派遣や技術提供もしています。特にゲームの分野ではVR(バーチャルリアリティ)が導入されていくことになりますので、制作現場ではこの企業のノウハウと経験は大きな力となります。AI関連の技術もあり、最新技術に強いというのがおすすめポイントです。

VR(バーチャルリアリティ)関連銘柄の想定されるリスク

VR(バーチャルリアリティ)は世界的に技術競争が激しい分野です。日本でも技術開発が進んでいますが、中国や韓国、欧米には追い付いていません。そのため、外資の動きによって国内関連銘柄が脅かされるというリスクがあります。

VR(バーチャルリアリティ)関連銘柄を購入するおすすめタイミング

VR(バーチャルリアリティ)は、装置そのものの性能も大事ですが、いかに優れたソフトを出せるかというのが大事なポイントです。映画やゲームなどで、ヒットする作品にVRが用いられるかという点に注目しましょう。

大きなヒットを見込める作品に導入されるということであれば、買いのタイミングとなります。海外での事例も大事な要素となりますので、国内以外の事例にも目を向けてタイミングを図るようにしましょう。

その他のテーマ株に関する記事

こちらのブログでは、本記事以外のテーマ株も紹介しています。

各テーマで一攫千金が狙える有望株をスクリーニングしてご紹介していますので、宜しければご参照下さい。

 

まとめ

VR(バーチャルリアリティ)は最新の映像技術で、これから技術自体も利用シーンも広がっていくことは間違いありません。とても有望な分野ですので、投資にもおすすめです。