IoT関連のおすすめ銘柄5選!成長が見込まれる技術の先を読んで投資!

IT関連銘柄は成長が期待できることや、爆発的な価値上昇が見込まれることから視線を外せない業界です。

IoTは、ITと関連していてこれから伸びるのが間違いない分野です。大企業だけでなく新興企業も大きな可能性を秘めていますので、投資家にとっては注目したいところです。技術の先進性と、その技術を組み込む製品との関連性が非常に重要な要素となっていますので、総合的な視野が求められます。

どのような点に注目したらいいのか、おすすめ関連銘柄としてはどこがあるかを解説します。

IoTの概要解説

IoTというのは、「Internet of Things」のことで、既存製品とインターネットを結びつける技術です。最も日常生活に関連するものとしては、家電にインターネット接続をさせ、外部からコントロールしたり家電を使うのに役立つ情報をチェックできるようにしたりします。

また、自動車をオンライン化して、運転中にネット環境を作ることができたり、オンラインでの監視をしたりします。

IoTの関連銘柄の株価が上昇を見込む理由

IoTの技術自体は、インターネットが世に広まってすぐのころから進められてきました。しかし、具体的に様々な製品に活用されるようになってきたのは、ごく最近です。そのため、これからの技術と言うことができて、関連銘柄の成長も大いに期待できます。

すでにIoTを組み込む製品を作っている企業では、導入もスムーズに進められますので、開発も速いというのもポイントです。世界的に見てもニーズがますます増える分野ですので、企業価値を押し上げる大きな要因となりえるのです。

IoT関連のおすすめ株銘柄一覧!厳選5銘柄

IoT関連のおすすめ株銘柄①:オムロン(6645)

センサーや制御パーツの大手であり、国内だけでなく世界中にシェアを持つ安定企業です。元々医療や健康器具、自動車関連パーツの開発、製造をしていますので、そこにIoTを組み込むのは当然の流れと言えます。

すでに持っているノウハウの上に新しい技術を載せることができるので、開発力という面では大いに期待できます。また、IoTを組み込める製品のバリエーションも豊富なので、大きなシェアを持てるというのも強みです。

IoT関連のおすすめ株銘柄②:ALBERT(3906)

ビッグデータを活用し、分析とマーケティング支援を得意とする企業です。AIを使ってビッグデータを適切に、かつスピーディーに解析できるため、BtoBで大きな評価を得ています。IoT事業では、製品の利用状況などをオンラインで情報収集し、それを商品開発やサービス提供に役立てるという役割も重要です。

その点で、ALBERTはIoT製品から上がってくるビッグデータを使える企業としておすすめです。

IoT関連のおすすめ株銘柄③:キーエンス(6861)

言わずと知れた産業マシンの制御開発大手です。センサーの精度やニーズにダイレクトに応じられるカスタマイズ製品が、業績を支えています。

センサー類をIoT化することによって、より効率の良い生産活動ができますので、これからさらに需要が増えていくことは間違いありません。安定企業として、間違いのない投資ができるという意味でもおすすめの関連銘柄です。

IoT関連のおすすめ株銘柄④:コア(2359)

家電の分野でIoTの技術を生かした製品開発をしています。この分野におけるノウハウがかなり蓄積されていて、幅広い製品に応用できる力を持っているのが売りです。

すでに金融関連においても技術を提供していて、IoTを使ったサービスを多角的に展開しているのがおすすめポイントです。たくさんの製品開発実績がありますので、新たな手法を用いた技術革新にも積極的で、将来につながる企業でもあります。

IoT関連のおすすめ株銘柄➄:NTTデータ(9613)

NTTグループの中でも、特に情報サービスに特化した企業です。国内はもちろんのこと、海外においてもかなりの業績を残していて、安定企業であると同時に成長を続けているというのが特徴です。

官公庁からの受注も受けていて、信頼性という面でも高いレベルにありますので、堅実な投資をしたい人にもおすすめです。IoTの技術を生かすビッグデータ解析などにも強く、関連銘柄としてこれからの価値上昇に寄与することは間違いありません。情報システム関連銘柄としても注目されていますので、総合的に事業展開を見て投資判断を下しましょう。

IoT関連銘柄の想定されるリスク

IoTはこれからさらに躍進を遂げる分野です。そのため、ベンチャー企業が急速な成長を見せ、上場企業のお株を奪う可能性もあります。

さらに、IoTは世界的な技術競争、ブランド構築競争が激しくなっていますので、海外勢の動きにも注意する必要があります。えてして日本ブランドは品質の高さにこだわり、汎用性に欠けてしまうことがあります。海外企業に一気にシェアを奪われてしまうリスクもありますので、国内だけでなく海外の動きにも目を留める必要があるのです。

IoT関連銘柄を購入するおすすめタイミング

IoT関連銘柄への投資タイミングは、やはり新技術の発表と、新しい製品の投入です。最新技術の一つですので、今までにない革新的な技術が発表されれば、当然その企業の価値は急上昇することになります。

プレスリリースなどの企業発表や報道に注目しましょう。また、IoTを用いた新しい製品の発表も、関連銘柄の株価が動くタイミングとなります。特に、他の会社が取り扱ってこなかったような、新しい分野での製品を開発した場合は、注目度も高くなります。また、企業としての注目度も上がりますので、株価が動き投資を判断する大事なタイミングとなります。

その他のテーマ株に関する記事

こちらのブログでは、本記事以外のテーマ株も紹介しています。

各テーマで一攫千金が狙える有望株をスクリーニングしてご紹介していますので、宜しければご参照下さい。

 

まとめ

IoTは、家電や自動車パーツ、産業機械など様々な製品に、インターネット接続をするための技術です。これからさらにこの技術を使った製品が開発されていくことになります。そのため、業界全体としての評価アップが考えられます。

また、IoTと一口に言ってもかなり範囲が広いため、関連銘柄の幅が広くなります。直接プログラミング技術を開発する企業もあれば、組み込む製品側の開発をするところ、製品から上がってくる情報を解析する会社などがあります。それぞれの技術力や開発力と同時に、関連サービスとの連動を図れる総合力を持った企業を探すようにしましょう。