在宅医療関連のおすすめ銘柄5選!高位のノウハウを持つ企業に注目!

医療業界を取り巻く事情は近年大きく変わっています。新しい技術の登場と共に規制緩和などもあり、今まではそれほどメジャーではなかったものが、徐々に浸透し始めているものもあります。その一つが在宅医療です。

既存のシステムとは違う手法でこの分野に取り組む企業が多くなっていて、将来性を持っています。関連銘柄企業を見ても、元々医療系のサービスを提供していなかったところが事業に参入しているなど、新しい風を感じます。それだけ、これからの状況に注目が集まる分野だと言えます。

在宅医療の概要解説

今まで医療サービスを受けるには、病院やクリニックに患者が行くというのが当然でした。しかし、今では在宅医療のサービスが広まりつつあります。その方法はいくつかあります。いわゆる往診というスタイルで、医師や看護師が患者の自宅を訪問して診察を行います。

特に介護が必要で自宅から出るのが難しい患者を対象とした、需要が高くなっている医療体系です。もう一つは、オンライン医療です。スマホやパソコンを使って、医師が患者を診察します。

薬などは郵送で届けることができるので、患者は自宅から出なくても医療を受けられるというわけです。どちらもすでに行われている医療スタイルですが、これからさらにそのニーズが高まっていくのは間違いありません。

在宅医療の関連銘柄の株価が上昇を見込む理由

在宅医療という考え自体は昔からありました。しかし、規制による壁がありましたし、医師が病院にいながらにして患者を診察するというスタイルを支える技術がそれほど進んでいませんでした。

しかし、今ではこうした壁は取り除かれ始めていて、在宅医療が発展する要素があります。患者側としても、病院に行く時間と手間を省けるということで、これからさらにニーズが増していくことになります。

さらに、直接医療に携わる企業だけでなく、アプリ解発や画像解析、遠隔ロボット操作など、関連事業が多くなるのも特徴です。より広い層に関連銘柄が広がっていき、投資がしやすくなるというのもメリットとなります。

在宅医療関連のおすすめ銘柄一覧!厳選5銘柄

在宅医療関連のおすすめ株銘柄①:MRT(6034)

スマホアプリを使った遠隔医療サービスを提供しています。このサービスに参画するクリニックも増えてきていますので、事業が順調に拡大しているというのもおすすめ理由です。患者への遠隔診療だけでなく、一般的な健康相談も行っていて幅広いサービスを展開しているというのもポイントです。

もともと、非常勤の医師を紹介するWEBサービスを展開していますので、人材確保という面でも強く安定した基盤を持っています。在宅医療に必要な技術、そして人材を持っているということで、総合力の高い関連銘柄と言えます。

在宅医療関連のおすすめ株銘柄②:テクマトリックス(3762)

元々はIT関連のサービスを提供している企業です。アプリを開発したり、情報インフラの整備と管理をしたりしています。その技術を生かして医療管理ができるというのもこの企業の特徴で、在宅医療に参画しているのも自然の流れと言えます。

効率的なオンラインシステムを作るのが得意ですので、より使いやすい在宅医療サービスを開発できます。医師と患者を結ぶ医療システムそのものには直接入っていませんが、それを支えるインフラを開発しているのが特徴です。

在宅医療関連のおすすめ株銘柄③:エムスリー(2413)

医療系の情報サイトを運営しています。一般向けの情報ではなく、医師を対象としていてより専門的で高度な情報を提供しているのが特徴です。それに関連して訪問介護や在宅医療などにも参画していて、総合的な医療サービスを展開しています。

製薬会社のマーケティングサポートなども事業の一部となっていて、かなりカバーする範囲が広いのが売りです。ソニー系列の企業ですので、経営基盤という面でも安定していてリスクを負いたくない投資家にもおすすめです。医療系の関連銘柄として多くの人に支持されていて、評価が高い関連銘柄として知られています。

在宅医療関連のおすすめ株銘柄④:RVH(6786)

美容、エステ関連事業や遠隔医療など、幅広い分野に事業を展開している企業です。ソフト開発などの実績も豊富で、効率的なシステムを作れるというのがおすすめポイントです。美容関連銘柄としても投資がなされていて、資金が集まりやすいのも特徴です。

単元株数は100株となっていて株価も控えめですので、気軽に購入できるというのもおすすめできる理由です。初心者であっても手を出しやすく、リスクも少なめな関連銘柄です。事業の幅が広いので、在宅医療だけでなく他の事業の成績も見ながら総合的な判断をすることが求められます。

在宅医療関連のおすすめ株銘柄➄:ケアネット(2150)

医薬品や医療に関する情報提供サービス事業をしています。専門的な情報をシェアする医療系のサイトも持っていて、医療業界ではよく知られたサービスを提供しています。医療関係機関や医薬品関連期間に対して、専門情報の提供とコンサルティングを行い医薬業支援も実施しています。

こうした実績とノウハウを生かした遠隔医療支援のノウハウも持っています。医療関係の幅広く、専門的な情報を蓄積していますので、より高度なサービスを提供できるのが強みです。比較的に購入しやすい株式であるというのもおすすめできる理由です。

在宅医療関連銘柄の想定されるリスク

現在のところはそれほどでもありませんが、在宅医療業界にも激しい競争が始まることもありえます。また、規制が大幅に緩和されて、新興企業や外資系企業が入ってきた場合、従来のメイン企業の価値が相対的に下がるというリスクがありえます。

在宅医療関連銘柄を購入するおすすめタイミング

在宅医療を利用する顧客の絶対数が増えたという数字が出ていること、そしてこの分野における規制緩和が進むこと、これが大きな購入タイミングとなります。一気に資金が投入されますので、市場も大きな反応を見せる可能性が高いです。

まとめ

在宅医療は、高齢化社会が進んでいることや、自宅で診察を受けたいという人が増えていることが後押しとなり、これからさらに成長することになります。

おすすめの関連銘柄は安定性の高いところですので、すでに持っているノウハウや実績を生かして事業を拡大していけるのが強みです。