AI(人工知能)関連のおすすめ銘柄6選!注目分野の銘柄を選定

近年、多くの投資家に注目されているAI(人工知能)関連銘柄には、大手企業のものからベンチャー企業のものまで、多種多様です。

その中には、わずか数か月で株価が数倍に上昇するような銘柄もあるため、投資家にとってはワクワクするテーマ株ではないでしょうか。

AI(人工知能)の概要解説

AI(人工知能)とは、人間のような学習・判断・認識機能を持ったコンピュータのことです。

適用される分野は幅広く、自動車の自動運転技術にも使われるほか、IoT、そしてドローンなどにも使われています。

AI技術を使うことによって私達の生活やビジネスがとても便利になるため、株主でなくても多くの人がテクノロジーの進歩に注目している分野と言っても過言ではありません。

AIが活用されている私達の身近なものには、お掃除ロボットのルンバやAmazonのEcho、人工知能で会話ができるSELFというアプリなどがあります。

AI技術はまた、投資家にとっても魅力的な活用方法がされています。それは、株価予測サービスです。

AI導入の運用サービスを提供している証券会社は日本国内にもたくさんあり、感情を入れない判断ができるという点で好評です。

AI(人工知能)の関連銘柄の株価が上昇を見込む理由

AI技術は、私たちの生活にすでに急速に浸透していますし、今後も更なる浸透や普及が見込まれています。そのため、AI関連銘柄は長期的な利益を出したい投資家にとってはおすすめです。

AIと言ってもどの分野のどんな所に適用されるのかという部分で、AI関連銘柄の選び方や株価変動などは異なるので、関連銘柄を選ぶ際には自分が注目している分野のAI技術に関連している銘柄を選ぶのがおすすめです。

AI(人工知能)関連のおすすめ銘柄一覧!厳選6銘柄

AI(人工知能)関連銘柄は大企業のものからベンチャーまで多種多様ですが、その中にはたくさんの投資家が注目しているおすすめの銘柄もあります。

AI(人工知能)関連のおすすめ株銘柄①:インタートレード(3747)

たくさんの投資家が注目している銘柄と言っても過言ではないインタートレードは、証券会社向けのAIシステム開発を手掛ける企業です。

すでにProspectやDynamic SpiderといったAIシステムを提供していますし、ネット証券として人気のLINE証券もまた、インタートレードが開発したSpiderの採用を決めています。今後もまだまだ注目されるAI関連銘柄です。

AI(人工知能)関連のおすすめ株銘柄②:エヌビディア(NVIDIA)

アメリカのAI(人工知能)業界では半導体部門で最大手と言われているのが、エヌピディアです。

特に自動車の自動運転分野では注目されていて、ソフトバンクやトヨタ自動車を始め、たくさんの国内大手企業がエヌピディアと提携しています。

この点から考えると、エヌピディアの株価は日本国内の大手企業によって支えられているため、安定した株価変動が期待できるおすすめのAI関連銘柄と言えます。

AI(人工知能)関連のおすすめ株銘柄③:AKIBAホールディングス(6840)

2019年には株価上昇率3位となったAKIBAホールディングスは、電子部品やメモリなどのパーツを製造販売することをメインに事業展開しているIT企業です。

もともとはAIの関連銘柄ではありませんでしたが、2017年にHPCテックを買収したことによって、AI関連銘柄に分類されるようになった銘柄でもあります。株価は2019年1月から急激に上昇していているのが特徴です。

AI(人工知能)関連のおすすめ株銘柄④:ブレインパッド(3655)

AIを使ったマーケティングサービスやビッグデータ活用を手掛ける企業で、2019年初めから株価が急上昇したことで注目されたAI関連銘柄です。東証の中でも代表的なAI関連銘柄と言われていて、たくさんの投資家が注目しています。

ブレインパッドの主力製品には、レコメンドエンジンを搭載したプライベートなDMPを提供するRtoasterがあり、DMP業界においては3年連続でトップのシェアを誇っています。

AI(人工知能)関連のおすすめ株銘柄➄:ディーディーエス(3782)

ディーディーエスは東証マザーズに上場しているAI関連銘柄で、指紋認証デバイスをはじめとするセキュリティー関連のサービスと技術を提供しています。

これからさらに成長が期待されている情報セキュリティ―分野と言うことで、株価の長期的な上昇が見込まれています。また、マイナンバーカードの管理運用についても注目を集めている企業です。

AI(人工知能)関連のおすすめ株銘柄⑥:HEROZ(4382)

AI技術をゲームの分野に生かした企業で、よく知られているのはAIを搭載した将棋ゲーム「将棋ウォーズ」です。

最高レベルのAI技術を駆使して開発した「HEROZ KISHIN」もあり、2019年12月には東証マザーズから東証一部への昇格も果たしている企業です。

株価の変動という点では、他のAI関連銘柄のように右肩上がりの上昇を続けているというわけではないものの、長期的には低リスクで大きな成長が期待できるおすすめ銘柄です。

AI(人工知能)関連銘柄の想定されるリスク

AI関連銘柄は、今後幅広い分野や業界で活用が見込まれています。そのため、大きなリスクを伴う銘柄はそれほど多くはないでしょう。ただし、業界の成長やAIの普及と関連銘柄の株価は必ずしも同じタイミングで上昇するわけではありません。

そのため、銘柄によっては、短期間で株価が何倍にも上昇するものもあれば、長期的に穏やかな上昇をしていく銘柄もあります。投資家は、株価変動のトレンドや傾向に合わせて銘柄を選ぶ必要があります。

AI(人工知能)関連銘柄を購入するおすすめタイミング

AI関連銘柄は、AIの普及に伴ってこれからどんどん株価の上昇が期待されています。すでに大幅な上昇が起こった銘柄もありますし、今後も短期間で株価が何倍にも跳ね上がるような銘柄が出てくることも考えられます。

購入のおすすめタイミングは、そうした劇的な上昇が起こる前、つまり早ければ早い時期に購入するのがおすすめです。

その他のテーマ株に関する記事

こちらのブログでは、本記事以外のテーマ株も紹介しています。

各テーマで一攫千金が狙える有望株をスクリーニングしてご紹介していますので、宜しければご参照下さい。

 

まとめ

今後世界中に広く普及することが期待されているAI技術を取り扱う関連銘柄は、幅広い分野や業界の銘柄がラインナップされています。今後、どの銘柄でも株価上昇が見込まれているため、上昇が起こる前の早い段階で購入しておくのがおすすめです。

銘柄によっては、短期間でも大きな利益を生み出してくれるものもあれば、長期的に少しずつ株価上昇する銘柄もあるのが特徴です。