介護関連のおすすめ銘柄6選!長期的な株価上昇期待のテーマ株

高齢化社会に伴って急速にニーズが高まり続けている介護市場は、現在でも拡大する一途をたどっています。

介護の関連銘柄には様々なものがありますが、特別養護老人ホームなどの介護施設建設に携わる業者を始め、介護用のおむつや介護用品に携わる企業もまた、今後は株価上昇が期待されるおすすめの銘柄と言えます。

介護の概要解説

日本社会と日本経済が避けて通ることができない分野の一つに、介護分野があります。

高齢者や介護者を支援するための商品やサービス、そして施設などは多岐にわたって多種多様なものがありますし、介護分野に新規参入する企業も後を絶ちません。

介護という分野においては、今後も高い需要が見込まれるため、関連銘柄の株価についても、長期的には上昇の傾向が期待できます。

介護の関連銘柄の株価が上昇を見込む理由

介護の関連銘柄における株価上昇が期待できる理由はたくさんあります。

例えば、介護と言っても在宅介護と施設介護とではサービスや商品、ニーズなどが異なりますし、それぞれがさらに多岐の分野に分類されていて、携わる企業も多岐にわたっています。

また、要介護認定者数は2020年の段階で667万人超となっていて、今後も増え続けることが予想されています。現在でも高いニーズがあり、今後もそのニーズが高まり続けていくため、関連銘柄の株価も上昇傾向が続くと考えられているのです。

介護関連のおすすめ銘柄一覧!厳選6銘柄

介護関連には投資家にとって魅力的なおすすめの銘柄が多数存在します。

介護関連のおすすめ株銘柄①:セントケアホールディングス(2374)

セントケアホールディングスは、訪問介護をメインとした介護サービスを提供する企業です。

居宅介護支援サービスや訪問介護サービス、そして訪問看護サービスまで利用者のニーズに幅広く答えているのが特徴で、総合的な介護サービスを提供できる企業として注目されています。

これまでは関東エリアを中心とした展開でしたが、コムスンから事業を継承したことによって全国展開を視野に入れており、介護と医療の連携を強化することによって、介護分野においては更なるシェア拡大が期待されているおすすめの関連銘柄です。

介護関連のおすすめ株銘柄②:ツクイ(2398)

在宅介護サービスをメインに提供しているツクイは、訪問介護による入浴サービスを始め、グループホームやケアプラン作成など、介護分野において幅広いサービスを手掛けています。

1983年に介護事業をスタートして以来、全国規模に500以上の事業所を展開している老舗企業でもあり、近年では介護業界における人材不足の解消をサポートするため、介護と医療の分野に特化した人材派遣業も行っています。

介護関連のおすすめ株銘柄③:エヌデーソフトウェア(3794)

エヌデーソフトウェアはソフトウェアを開発する企業です。介護や福祉の分野で多く使われている業務支援ソフトの開発を手掛けていて、そのシェアは業界ではトップクラスとして知られています。

中でも全国の介護現場で導入されている「ほのぼの」は同社を支える中核的なソフトで、今後はほのぼのの拡大やバージョンアップなどによって、株価の上昇がさらに期待できるおすすめ銘柄です。

介護関連のおすすめ株銘柄④:ニチイ学館(9792)

介護分野においては業界最大手と言われているのが、ニチイ学館です。

介護業界を始め、医療や教育の分野でも幅広くサービスの提供を行っているのが特徴で、医療事務の受託や資格取得講座など幅広いサービスで収益を右肩上がりに伸ばし続けている企業でもあります。

株価も長期的に上昇が続いている、おすすめの関連銘柄と言えます。

介護関連のおすすめ株銘柄➄:ケア21(2373)

施設における介護サービスを始め、訪問介護サービスも手掛ける介護事業業者です。もともとは関西を拠点として活動していましたが、ニーズの拡大に伴って現在では、東京や福岡にも進出しています。

366日24時間体制での訪問介護に対応している点が注目されている他、介護タクシーや介護用品の販売やレンタルなど、幅広いサービスを手掛けている企業です。

また、人材育成にも力を入れていて、ケアマネ―ジャーやホームヘルパーも多く育成しています。

介護関連のおすすめ株銘柄⑥:SMS(2175)

介護と医療業界において人材派遣や人材紹介などを手掛けているのが、SMSです。

2003年に経済産業省の支援によって誕生した企業で、現在はケア人材バンクやカイゴジョブ、カイポケなど複数の求人サイトや人材紹介サイトを運営しています。

さらに、看護師を対象としたナース人材バンクやナース専科就職ナビなどの運営も行っていて、介護や医療分野における人材管理という点では、トップシェアを誇るおすすめの関連銘柄です。

介護関連銘柄の想定されるリスク

介護関連銘柄は全般的に今後もニーズが高まり続けていく業界なので、長期的には株価の変動において大きなリスクはありません。しかし、企業が運営する施設で事故が発生したりすると、それによって株価が大きなダメージを受ける可能性は否めません。

介護を必要とする人やその家族、そしてそこで働く人を管理する介護業界の関連銘柄は、株価変動に影響するリスクは決して少なくはありません。

介護関連銘柄を購入するおすすめタイミング

介護関連銘柄は、これからも株価の上昇が続くと見込まれています。そのため、どのタイミングで購入しても、長期的には利益につながりやすいのではないでしょうか。

今後は介護の分野でもAIなどロボットの参入が見込まれているため、もしもこれから関連銘柄を購入するなら、介護ロボットに関連した銘柄を選ぶという方法もアリかもしれません。

どの銘柄も、短期間で劇的な株価上昇をする事は期待しにくいでしょう。しかし長期的な利益を見込めるという点では、投資家におすすめの銘柄が充実しています。

その他のテーマ株に関する記事

こちらのブログでは、本記事以外のテーマ株も紹介しています。

各テーマで一攫千金が狙える有望株をスクリーニングしてご紹介していますので、宜しければご参照下さい。

 

まとめ

介護に関する関連銘柄は、今後も進み続ける高齢社会によるニーズの拡大に伴って、ますますたくさんの企業が参入することが予想されています。

長期的には株価の上昇が期待できる分野ですが、事故や事件などが起こると株価の変動には大きな影響が出やすいため、関わる人によって株価が影響を受けやすい分野と言えます。

今後はAIなどの介護ロボットの参入も計画されていて、これから銘柄を購入するなら新しい技術にも注目すると良いでしょう。