電子カルテ関連のおすすめ銘柄5選!医療の根幹を支える優良銘柄

病院へ行って診察を受けるとき、医師の手元には必ずカルテがあります。専用の用紙に医師が英語で患者に関する情報や処方する医薬品などを記入していく様子を見たことがあるでしょう。

ただし、紙媒体は汚れや破れなどのリスクがあるほか、嵩張ってしまい場所を占有するというデメリットがあります。そこで登場したのが「電子カルテ」です。

電子カルテに関連する製品を開発している企業は非常に多く、まさに盛況となっています。では、電子カルテに関する現状と、関連のおすすめ銘柄について調べてみましょう。

電子カルテの概要解説

電子カルテとは、これまで紙媒体で行われていたカルテの管理を電子データで行うというものです。これにより、紙紛失によるデータ消失のリスがなくなります。

また、ネットワーク上で集中管理することにより、別の医師が診察した過去のデータも簡単に参照することが可能となります。

加えて、電子カルテには診察のデータだけでなく、投薬の履歴や会計データなども記載することができるため、1人の患者に関して複数の書類を管理する必要がなくなるわけです。

こうして、病院内の各業務を劇的に効率化することが可能となります。

電子カルテの関連銘柄の株価が上昇を見込む理由

未だに紙媒体でカルテの管理をしている医療機関は少なくありません。

特に、規模の小さな病院・医院では、電子カルテの導入に伴う費用がネックとなって、紙媒体からの切り替えをためらうケースが多く、日本全体で電子カルテを完全導入しているのは30%から40%の医療機関にとどまるとされています。

とはいえ、電子カルテ事業に参入する企業が増えれば、それに伴って価格競争も起こるので、導入を決める医療機関は増えていくでしょう。ですから、関連銘柄の株価は上昇していくことが期待できます。

電子カルテ関連のおすすめ銘柄一覧!厳選5銘柄

電子カルテ関連のおすすめ株銘柄①:日立製作所

電子カルテの関連銘柄で1つ目のおすすめは、東証一部上場企業である「日立製作所」です。この会社の傘下には、診療所向けや歯科医院向けなどさまざまな電子カルテを開発している「日立ヘルスケアシステムズ」があります。

電子カルテと各種画像が1つになった画期的なシステムは全国の医療機関に導入されており、他のシステムの手本とされているほどです。電子カルテ市場において多くの投資家が常に動向を注目しているメーカーと言えるでしょう。

電子カルテ関連のおすすめ株銘柄②:ソフトウェアサービス

関連銘柄としておすすめする2つ目の企業は「ソフトウェアサービス」です。

東証ジャスダックの上場企業であるこの会社は、「e-カルテ」というオリジナルの電子カルテシステムを保有しており、全国第2位のシェアを誇ります。

ハイスペックのPC導入は不要である点や、病院の規模や科目に合わせたシステム構築をしてくれるため、コストパフォーマンスが高いという点も評価されています。定期的に新しいモデルを発表しているので、投資の対象としては大変魅力的でしょう。

電子カルテ関連のおすすめ株銘柄③:ソフトマックス

3つ目のおすすめ関連銘柄は、東証マザーズ上場企業である「ソフトマックス」です。この会社ではクラウドシステム対応型の電子カルテ「PlusUpシリーズ」を制作しており、すでに200以上の医療施設で導入および運用が行われています。

システムの汎用性が高く、病院内の各部門に合わせたシステムの構成が可能であるという点も魅力と言えるでしょう。毎年安定した収益を確保しており、投資家からの信用が高いおすすめの銘柄ということができます。

電子カルテ関連のおすすめ株銘柄④:EMシステムズ

4つ目に取り上げるおすすめの電子カルテ関連銘柄は「EMシステムズ」です。東証一部上場企業であるこの会社では、総合医療システム「MAPS」を主力商品として展開しています。

医療施設内の部門や科目に関わりなく同じプラットフォームで活用できるのがこのシステムの強みです。クラウドによるデータ管理を行うため、ロケーションフリーでアクセスが可能という点も注目されています。

電子カルテ市場においてこれから一層の飛躍が確実視されているおすすめの企業です。

電子カルテ関連のおすすめ株銘柄➄:富士通

5つめのおすすめ関連銘柄は「富士通」です。東証一部上場企業である富士通の傘下には、電子カルテのシェアで国内トップの「富士通エフ・アイ・ビー」があります。

医療の現場から寄せられた声に合わせてシステムの改良を常時行っており、ユーザビリティに関して高い評価を獲得しています。電子カルテ市場で株式投資を考えているなら、この企業は必ずチェックするべきでしょう。

電子カルテ関連銘柄の想定されるリスク

電子カルテ関連銘柄のリスクとしては「システムの不具合による評価ダウン」が挙げられます。電子カルテはサーバーを中心としたネットワークシステムで管理されています。

ですから、このシステムがダウンしてしまうと、病院全体の業務が立ち行かなくなってしまうのです。こうした事態が起こると、電子カルテの提供および管理をしている会社の株価は大きく値を下げます。

また、新しい医療機器や医薬品などの登場に合わせて、電子カルテの内容もアップデートしていく必要があります。こうした変化への対応が遅い企業は収益も伸び悩む可能性が高いです。

電子カルテ関連銘柄を購入するおすすめタイミング

電子カルテ関連銘柄を購入する良いタイミングは「新しいモデルを発表した時」でしょう。電子カルテは頻繁に新しいモデルが発表されており、医療関係者にとって魅力的な機能が数多く追加されています。

そのタイミングでは株価が大幅に値上がりすることが多いですから、購入をするチャンスと言えるでしょう。また、各メーカーの売上高が明らかになる年末および年度末決算に合わせて株価は大きく動くので、このタイミングを狙って購入をするのもおすすめです。

まとめ

電子カルテ市場は引き続き大きな成長が見込まれる市場です。電子カルテの運用システムを日本語だけでなく多言語対応にすることができれば、国内だけでなく海外の医療機関にも売り込みができるようになります。

最近では、「病院用カルテ」の他に「調剤薬局用カルテ」も登場しており、よりカスタマーのニーズに合わせたユニークな電子カルテが数多く生み出されていくのではと予想する専門家もいます。ですから、株式投資の対象として電子カルテ市場は大変おすすめです。