衛生関連のおすすめ銘柄5選!世界が注目する分野の人気銘柄とは?

人が生活していく中で、ごみや排水など、環境に悪影響を及ぼしかねないものがどうしても発生します。工場からの排水や排気なども同様です。

こうした排出物から地球環境を守るという観点から、衛生に関連する商品や技術を提供している企業が近年増加しています。環境問題は地球規模で議論されているテーマですから、これからますます市場は拡大していく可能性があります。

それを投資のチャンスと捉えている人も少なくありません。では、衛生に関する概要と、このテーマに取り組んでいる企業の中からおすすめの関連銘柄をご紹介しましょう。

衛生の概要解説

衛生とは、環境を清潔に保つことで病気の発症やウイルスへの感染を防ぐことと関連しています。衛生管理を怠ると、その影響を受けた人の健康が損なわれ、病気にかかってしまうことで日常生活に深刻なダメージが発生してしまいます。

これは家庭だけでなく、企業においても同様のことが言えます。衛生管理を疎かにする企業は従業員の健康を重要視していないわけですから、就業意欲は低下し、会社としての評判も損なわれ、やがて立ち行かなくなります。

ですから、衛生は社会の根幹をなす重要な要素の1つということができるわけです。

衛生の関連銘柄の株価が上昇を見込む理由

新型コロナウイルスが及ぼした破壊的な影響により、世界中で衛生管理に関する意識が高まっています。これからは先進国だけでなく、中南米やアフリカなどの開発途上国においても徹底した衛生管理が政府主導で広がっていく可能性が高いです。

そうなると、衛生に関連する製品やサービスの需要は爆発的に拡大していくことが予想されます。それに伴い、衛生の市場規模は大きく広がりますから、関連銘柄の株価も上昇していくと考えるのは当を得たことでしょう。

衛生関連のおすすめ銘柄一覧!厳選5銘柄

衛生関連のおすすめ株銘柄①:アース製薬

衛生の関連銘柄として1つ目におすすめするのは「アース製薬」です。東証一部上場企業であり、殺虫剤からオーラルケアまで、生活の幅広い分野における衛生グッズを販売しています。

使用する環境や消費者の年齢に合わせてさまざまな商品を提供している点も魅力でしょう。定期的に各分野での新商品を発表することで、安定した収益を確保することに成功しています。ですから、投資対象としては大変魅力的な企業と言えるでしょう。

衛生関連のおすすめ株銘柄②:エステー

2つ目におすすめする衛生関連銘柄は、東証一部上場企業である「エステー」です。「空気をかえよう」というキャッチコピーのもとで、衛生的な空気環境づくりを目指してユニークな商品を数多く販売しています。

除湿剤や抗菌手袋など、生活のあらゆるシーンを念頭に置いて製品開発を行っているのも魅力でしょう。消臭力など大ヒット商品も数多くあり、引き続き安定した事業運営が期待できる企業ですから、株式投資を考えている人にはおすすめです。

衛生関連のおすすめ株銘柄③:ハピックス

3つ目のおすすめ関連銘柄は「ハビックス」です。こちらは東証ジャスダックの上場企業であり、不織布の専門メーカーとして国内外で高い評価を獲得しています。

おむつや生理用品、抗菌効果のあるおしぼりやマスクなどの身近な衛生用品を数多く販売しており、世界的な需要の高まりに合わせて業績を伸ばしています。

消費者からの評価も安定して高いことから、株価の上昇が非常に期待できる衛生関連銘柄ということができるでしょう。

衛生関連のおすすめ株銘柄④:大研医器

衛生の関連銘柄で4つ目のおすすめは「大研医器」です。東証一部上場企業であり、医療現場向けの衛生グッズを主に製造・販売しています。

医療機関から積極的に聞き取りを行い、現場で本当に役立つ機器の開発を目指している点が評価されています。

近年では精度の高い衛生機器に関して海外の医療機関からも多くの注文が寄せられており、これから売り上げおよび事業規模がさらに拡大していくと期待されている企業です。

衛生関連のおすすめ株銘柄➄:ダスキン

5つ目のおすすめ関連銘柄は「ダスキン」です。

抗菌/抗ウイルス掃除用品の販売から家事代行、布団の丸洗いまで、幅広い衛生関連サービスを提供しており、国内の衛生関連企業では屈指の知名度を誇ります。

個人向けだけでなく、法人・事業者向け事業も展開しており、クオリティの高いサービスで順調に顧客を獲得しています。事業規模は大きく、売り上げも安定していますから、確実性の高い投資先としておすすめの衛生関連銘柄です。

衛生関連銘柄の想定されるリスク

衛生関連銘柄において起こり得るリスクとしては「誇大表示などのトラブル」が挙げられます。

除菌や浄化などの効果に関して、特定の製品やサービスが「誇大表示」と判断され、官公庁から行政指導を受けたという企業は少なくありません。

こうした不祥事が発生すると、どれだけ規模の大きな企業であってもイメージは著しく棄損され、ブランディングをゼロからやり直す必要が生じます。

それ以降にどれほど良いものを開発したとしても、消費者からは常に疑いの目を向けられてしまうため、業績の改善には多大の時間が必要となるでしょう。

衛生関連銘柄を購入するおすすめタイミング

衛生関連銘柄を購入する望ましいタイミングは「乾燥する冬場」および「梅雨の時期」の2つが挙げられます。

冬の時期は空気の乾燥とともにインフルエンザがたびたび猛威を振るうため、衛生を取り扱う多くの企業は除菌やクリーニングをテーマにした商品やサービスを数多く発表する傾向があります。

また、カビが繁殖しやすい梅雨の時期も同様です。ですから、これらの時期に新製品などを入念にチェックして、株価の上昇が見込める関連銘柄を購入することをおすすめします。

まとめ

衛生に関する関心は世界的に高まっており、関連する製品を販売している企業にとっては望ましい状況が広がっています。また、これから衛生関連の事業へ参入しようと計画している企業も多いです。

ですから、衛生の関連銘柄で投資先を探している人は、数ある選択肢の中から、どの企業がよりカスタマーにとって魅力的なサービスを打ち出しているかを見極めることが要となります。

加えて、国内だけでなく海外市場を意識したマーケティングをしているかという点もチェックすることを心がけましょう。