旅行サイト関連のおすすめ銘柄5選!高品質サービスで期待

旅行を計画する、あるいは航空券を購入するという場合、以前は旅行代理店へ行って窓口担当者と相談しながらチケットを確保するというのが主流でした。

これを根底から覆したのが「旅行サイト」の登場です。旅行サイトを使うことで、航空券のチケットや宿泊するホテルを簡単に予約できるだけでなく、複数のサイトに掲載されている料金を比較してよりお得なサイトで購入するということも可能となっているため、利用者は日を追うごとに増加しています。

こうした流れと調和して、旅行サイトを運営する会社も数多く登場しています。では、どんな旅行サイトの概要や、どんな関連銘柄に人気が集まっているのかといった点について考察してみましょう。

旅行サイトの概要解説

旅行サイトには主に「販売サイト」と「比較サイト」の2タイプがあります。ExpediaやHISなどに代表される販売サイトでは、自前の航空券や宿泊プランをお得な価格で提供して利益を確保しています。

一方、トラベルコちゃんのような比較サイトでは、さまざまな旅行代理店と提携して、それぞれのネットショップが用意している料金プランを比較してカスタマーへ情報提供するというのが主なサービスです。

ただし、最近ではKayakのように、さまざまな旅行代理店サイトの価格比較をしてくれるだけでなく、サイトオリジナルのプランも合わせて提供する新しいスタイルが登場しており、利用者のニーズをどれだけ早くキャッチできるかが旅行サイトを運営する企業に共通する課題となっています。

旅行サイトの関連銘柄の株価が上昇を見込む理由

旅行サイトに関連する銘柄の価格上昇が期待できる背景として、政府によるインバウンド強化制作が挙げられます。

日本国内にある観光地をより魅力的にすることで、アジアやヨーロッパからの旅行者を積極的に呼び込む政策が継続的に行われており、その成果もここ数年で顕著になってきています。

訪日外国人のほとんどは旅行サイトを利用していろいろな予約を行いますから、この市場における堅調な成長が見込めるというわけです。加えて、航空機の燃費が向上している点も望ましい兆候と言えるでしょう。

旅行サイト関連のおすすめ銘柄一覧!厳選5銘柄

旅行サイト関連のおすすめ株銘柄①:HIS

1つ目におすすめする関連銘柄は、航空券の手配から、パッケージツアーやクルーズ旅行まで幅広いサービスを提供している東証一部上場企業の「HIS」です。

ホームページが5か国語に対応しているだけでなく、外国語を話す添乗員が同伴するツアーも多く用意されており、国内だけでなく海外からの利用者も順調に増えています。

世界70か国の代理店と提携している点もHISの持つ強みであり、引き続き安定した業績および株価の推移が期待できる銘柄といえるでしょう。

旅行サイト関連のおすすめ株銘柄②:エアトリ

2つ目の旅行サイト関連銘柄としておすすめするのは、格安航空券とオリジナルパッケージツアーで人気を獲得している東証一部上場企業の「エアトリ」です。

公式サイトは7か国語に対応しており、インバウンドを強く意識していることが分かります。また、国内外のLCCと連携することで、他の代理店にはまねできないような格安ツアーを提供している点も強みです。

ポイント制度を導入することにより固定客の獲得に注力しており、これが企業として業績を安定させる要因となっています。

旅行サイト関連のおすすめ株銘柄③:ジョルダン

3つ目におすすめする旅行サイト関連銘柄は、東証ジャスダック上場企業である「ジョルダン」です。この企業では、JRの乗り換え案内サービスを軸として、全国各地のお得なパッケージツアーやレンタカーサービスの案内なども実施しています。

公式サイトが13か国語に対応しているという点は企業として訪日観光客を強く意識していることの表れと言えます。最近ではLCCを中心として格安航空券の販売も行っており、事業拡大に合わせたさらなる業績向上が期待できます。

旅行サイト関連のおすすめ株銘柄④:旅工房

4つ目のおすすめ関連銘柄は、東証マザーズ上場企業である「旅工房」です。海外航空券およびツアーに注力している旅行サイトで、魅力的なパッケージツアーが非常に多いことで好評を博しています。

「ハネムーン」や「世界遺産」、「インバウンド」など、テーマごとにツアーが分類されているため、海外からの旅行客も使いやすいという強みがあります。ユニークなコンシェルジュサービスなど、旅行サイトの新たな分野を常に開拓している成長著しい企業です。

旅行サイト関連のおすすめ株銘柄➄:HANA TOUR JAPAN

5つ目のおすすめ関連銘柄は、東証マザーズ上場企業の「HANA TOUR JAPAN」です。

インバウンドとアウトバンドを意識した旅行サイト作りを行っており、公式サイトだけでなくエイビーロードなどと連携して顧客の獲得を目指しています。

韓国の本社と連携してアジアからの訪日客誘致を積極的に行っている点も魅力です。国際線LCCの活用がさらに広がることで、業績の安定的な向上が期待できるでしょう。

旅行サイト関連銘柄の想定されるリスク

旅行サイト関連銘柄を購入する際に考慮すべきリスクとしては、海外の政情不安や伝染病などの広がりにより、旅行そのものをする人がいなくなってしまうことがあるという点です。

特に、日本国内の旅行サイトサービスを展開する上場企業は、中国をはじめとしたインバウンドに大きく依存しています。

そのため、国家間の政治的対立や国際的なテロ、あるいは強い感染力を持つ病気などが広がることで、旅行すること自体が敬遠されてしまい、結果として大きく値を下げてしまうという事態が起こり得るのです。

旅行サイト関連銘柄を購入するおすすめタイミング

日本国内では、正月とGWおよび夏休みの時期に旅行をする人が非常に多くなります。

大抵の人は旅行予定日の3か月ほど前に旅行サイトを利用して計画を立てるため、そうした時期に合わせてキャンペーンを展開するケースが珍しくありません。

ですから、2月と4月、および9月ごろに大きな値動きを期待して旅行サイト関連銘柄を購入するとよいでしょう。

まとめ

旅行サイトの強みは、多言語対応にすることで国内だけでなく海外からの利用者も見込めるという点です。この強みを生かすことで企業としての安定した成長を見込むことができるです。

ですから、関連銘柄を選ぶ際にはこうした国際的な展開を積極的に行っているかどうかをチェックすることをおすすめします。