技術者派遣関連のおすすめ銘柄5選!業界大手の銘柄は確実に押さえる

日本全体の少子高齢化に伴って、労働者不足が深刻になってきています。中でも、IT業界を始めとしてエンジニアの人材不足は非常に深刻であり、大手企業であっても思うようにエンジニアの新規採用ができないと悩んでいるケースは珍しくありません。

そうした中で近年存在感を発揮しているのが「技術者派遣」を行っている企業です。では、技術者の派遣がこれからさらに成長していくと考えられるのはいったいなぜなのかを考察します。

また、おすすめの技術者派遣関連銘柄についても詳しく見ていきましょう。

技術者派遣の概要解説

技術者派遣とは、派遣会社に登録したエンジニアの技能スキルを参考にして、エンジニアの求人を行っている企業とのマッチングを行うことです。

求人をした会社は経験とスキルを持つエンジニアを即採用できるという利点があり、エンジニアは自分の技術を生かす職場が見つけられるというメリットがあります。

派遣会社はエンジニア派遣による手数料から企業として利益を上げることができるので、関連するすべての人にとってメリットを生むシステムであると言えるわけです。

技術者派遣の関連銘柄の株価が上昇を見込む理由

技術者派遣において関連銘柄の株価が上昇していくと期待できる背景には「エンジニアの育成は時間がかかる」という点が挙げられます。

一般的な事務とは異なり、専門的な知識とスキルが求められるエンジニアの育成には多くの時間と労力が求められます。そのため、「新人を一から育成するよりは、既にスキルを持つ派遣を雇った方が効率的」と考える企業が増えているのです。

ですから、技術者派遣を行う会社の需要は引き続き高い状態が継続すると考えられており、それが結果として株価の上昇にもつながると期待されています。

技術者派遣関連のおすすめ銘柄一覧!厳選5銘柄

技術者派遣関連のおすすめ株銘柄①:WDBホールディングス

1つ目におすすめする技術者派遣関連銘柄は「WDBホールディングス」です。東証一部上場を果たしているこの企業は、医薬品からシステムエンジニアまで、幅広い技術者の派遣を行っています。

特に、バイオ分野における技術職派遣では他の追随を許さないほどの人気とシェアを誇っており、これからも安定した売り上げが見込まれています。ですから、技術者派遣でどの銘柄を選ぶか悩んでいる人はこの企業をチェックしてみましょう。

技術者派遣関連のおすすめ株銘柄②:メイテック

2つ目の技術者派遣関連銘柄としておすすめするのは「メイテック」です。こちらも東証一部上場企業であり、技術者派遣で40年以上の実績を誇っています。

登録しているエンジニアそれぞれに関して詳細な聞き取りを行っているので、マッチングにおけるクレームが非常に少ないというのが魅力です。

エンジニアとしてのキャリアアップが見込める会社として登録者からの評判が良いのも強みであり、収益の安定性に大きく貢献しています。

技術者派遣関連のおすすめ株銘柄③:パソナ

3つ目としておすすめする技術者派遣関連銘柄は「パソナ」です。傘下の「パソナテック」では、プログラマやサポートエンジニアなどのIT分野をメインとした技術者派遣を実施しており、ハイクオリティのサービスで好評を博しています。

エンジニアチームとしての派遣依頼に対応しているのはパソナグループの強みということがいえるでしょう。40年以上の実績で積み上げたノウハウを生かして安定感のある企業運営を行っている会社です。

技術者派遣関連のおすすめ株銘柄④:リクルートホールディングス

4つ目におすすめする関連銘柄は、「リクルートスタッフィング」を傘下に持つ「リクルートホールディングス」です。リクルートという圧倒的な知名度を生かし、IT分野を中心として高い技術力を持ったエンジニアを数多くの企業へ派遣しています。

専任のコンシェルジュを介したサービスと、マッチングスピードの早さから、エンジニアおよび企業の両方から高い評価を獲得しており、引き続きこの分野における事業規模の拡大が期待されています。

技術者派遣関連のおすすめ株銘柄➄:パーソルホールディングス

5つ目のおすすめ関連銘柄は、「パーソルテクノロジースタッフ」をグループ企業として持つ「パーソルホールディング」です。

東証一部に上場しているこの企業には、ウェブデザイナーやCADオペレーターなど、ITおよび機械系エンジニアが数多く在籍しており、企業からの要望に対してスピーディーに対応してくれるという評価を獲得しています。

企業としてのコンプライアンスに対する意識が高い点や、迅速な情報公開を実施している点も多くの投資家から信頼を勝ち得るポイントとなっています。

技術者派遣関連銘柄の想定されるリスク

技術者派遣の関連銘柄で考えられるリスクは「営業担当者によるマッチング」でしょう。技術者派遣ではマッチングを如何にうまく行い、就業先企業とエンジニアの満足度を高められるかがカギとなります。

とはいえ、業績のみを重視する派遣業者の中には、スキルがかみ合っていないにも関わらず就業させてしまう営業マンが珍しくありません。

そうしたことが続くと、一時的に売り上げは上がるものの、長期的には会社の評判低下を招いてしまい、それが直接企業としての業績に跳ね返ってきます。当然ながら、業績の悪化は株価の低下にも直結してしまうでしょう。

技術者派遣関連銘柄を購入するおすすめタイミング

技術者派遣を行う企業の良し悪しを判断するもっとも一般的な指標は「決算」でしょう。ほとんどの企業は年末の12月および年度末の3月に決算発表を行い、公式サイトのIRページなどでも公開をします。

業績が良い企業は当然決算後に大きく株価が値上がりしますから、関連銘柄を購入するタイミングとしてはこの決算前が望ましいと言えるでしょう。

まとめ

技術者派遣のニーズは非常に大きく、市場そのものは拡大傾向にあるため、新たに参入する企業も少なくありません。

数ある技術者派遣会社の中から安定した成長を見込める企業を見極めるには、ダイバーシティがさらに進むと予想されるこの分野において、多言語の就業サポートなど時代の変化にしっかりと対応していくことができるかどうかを判断することがカギとなります。

企業を確実に見定めることが、この分野で株式投資をして成功する上での重要なポイントとなるに違いありません。