アニメ関連のおすすめ株銘柄5選!安定人気を誇る運用しやすい銘柄をチェック

「アニメは子どもが楽しむもの」というイメージは過去のものとなり、今では大人もしっかりと楽しむことができるよう入念に作りこまれたアニメ作品が数多く登場しています。

画質やストーリーのクオリティも以前と比較すると格段に高くなっており、国内だけでなく海外からも「ジャパニーズアニメ」は注目を浴びるようになりました。

こうしたアニメ業界の成長に伴い、アニメを制作する会社の株価も上昇傾向にあります。では、アニメの関連銘柄に関するおすすめと、引き続き株価の上昇が期待できる理由などについて考えていきましょう。

アニメの概要解説

アニメとは、英語の「Animation(アニメーション)」を略した表現であり、静止画を連続して投影することにより動画を作成する手法のことです。

アニメが実写映像と大きく異なるポイントとしては、「登場人物が現実世界では不可能なアクションをできる」という点が挙げられます。

そのため、魔法や異世界など、ファンタジーな要素を含むストーリーのアニメ作品が数多く制作されています。

アニメの関連銘柄の株価が上昇を見込む理由

アニメ関連の株価が引き続き上昇すると期待できる背景には「アニメの国際化」が挙げられます。ジャパニーズアニメの需要は世界中で高くなっており、現地の言葉へ翻訳して放映されている作品も少なくありません。

そのため、日本のアニメ制作会社は海外からも大いに注目されるようになっています。加えて、アニメに関連したグッズとして、ノベルティーの他にアプリやPCゲームなどのデジタルコンテンツも増加しています。

このように、1つのヒット作品が多角的に利益を生むシステムが構築されていくことは、関連する企業の株価上昇へ大きく貢献することでしょう。

アニメ関連のおすすめ銘柄一覧!厳選5銘柄

アニメ関連のおすすめ株銘柄①:KADOKAWA

アニメ関連銘柄としておすすめしたい企業の筆頭は「KADOKAWA」です。東証一部上場企業であるこの会社では、国内屈指の知名度を生かした広告戦略を展開しており、アニメ制作の他に、ラノベやムック、DVDの販売なども幅広く手掛けています。

近年では電子書籍の販売をスタートさせており、その売り上げも順調に推移しています。ドワンゴのニコニコ動画と連携することでネットメディアへの露出も増やしており、これからも安定した業績を残すと予想されています。

衛生関連のおすすめ株銘柄②:東映アニメーション

2つ目におすすめするアニメ関連銘柄は、東証ジャスダックに上場している「東映アニメーション」です。ワンピースやゲゲゲの鬼太郎を始めとして、人気アニメを数多く作成している国内有数の制作会社です。

オリジナルのYouTubeチャンネルを介して積極的にメッセージ配信を行っている点も魅力と言えるでしょう。アニメ制作の他にゲームやグッズの販売も手掛けており、引き続き安定した収益を見込める会社として投資家から高い評価を獲得しています。

衛生関連のおすすめ株銘柄③:ブシロード

3つ目のおすすめアニメ関連銘柄は、東証の上場企業である「ブシロード」です。アニメとコラボレーションしたオンラインゲームやトレーディングカードゲームを主なコンテンツとして提供しており、高品質のグッズ制作には国内外問わず定評があります。

アニメ関連商品だけでなく、これからアニメ化が見込まれる人気ライトノベルのコミカライズなども積極的に実施しています。2007年の創業以来、安定した収益をあげている優良企業の1つです。

衛生関連のおすすめ株銘柄④:ブロッコリー

4つ目におすすめするアニメ関連銘柄は「ブロッコリー」です。東証ジャスダックの上場企業であるこの会社では、CDやノベルティーなど、アニメ関連の各種グッズ販売を手掛けており、安定した業績で投資家から人気を集めています。

また、カードキャプターさくらや進撃の巨人など、人気アニメ作品のフィギュアやトレーディングカードの制作・販売にも力を入れており、国内だけでなく海外のファンから注文が寄せられることも少なくありません。

衛生関連のおすすめ株銘柄➄:ハピネット

5つ目のおすすめは、東証一部上場企業の「ハピネット」です。50年を超える実績を持つこの会社では、YouTubeを介したアニメ配信から関連商品の販売までを幅広く手掛けています。

人気アニメ作品のBlu-ray販売も行っており、安定した売り上げを維持し続けている点が大きな魅力と言えるでしょう。

アニメ関連銘柄の想定されるリスク

アニメ関連銘柄の株価はアニメの視聴率と密接に連動しています。どれほど原作となった作品の人気が高いとしても、アニメそのものの仕上がりやクオリティが低ければ評価は厳しいものとなり、それに合わせて株価も下がります。

また、アニメに参加する予定だった声優、あるいはアニメの原作者が抱えていたトラブルやSNSでの差別的な発言などが明らかになった結果、アニメの制作が途中でキャンセルされるという事態も近年生じてきています。

こうしたアクシデントが生じると、期待込みで上昇していた株価が短期間で一気に下落するリスクがあるということを覚えておくのは賢明です。

アニメ関連銘柄を購入するおすすめタイミング

アニメ関連銘柄の株価が大きく上昇するチャンスとしては、「映画化決定」や「続編の制作決定」、「OVAなどのスピンオフ作品登場」が挙げられます。

アニメ作品が継続するということは、ファンからの支持が高いという証明となるだけでなく、アニメと連動したノベルティーやグッズが数多く販売される可能性があるということも示しています。

ですから、作品の制作にかかわった会社、およびグッズの販売を手掛ける企業の株価上昇が期待できるというわけです。

また、ファンからの人気が非常に高いラノベをリストアップしておき、それらの作品がアニメ化されるといったニュースが出たときに関連企業の株を購入するという方法もおすすめです。

その他のテーマ株に関する記事

こちらのブログでは、本記事以外のテーマ株も紹介しています。

各テーマで一攫千金が狙える有望株をスクリーニングしてご紹介していますので、宜しければご参照下さい。

 

まとめ

日本のアニメは今や海外に誇る文化の1つとなっており、関連する企業の株価については海外の投資家も大いに注目しています。

国外のメディアと連携してアニメのグッズ販売などの販路を見つけていくことで、アニメの市場規模はさらに拡大していきます。

ですから、株式投資において安定した成長を見込める分野を探しているという人には、アニメ関連企業の株式をチェックしてみることをおすすめします。