動画配信関連のおすすめ銘柄5選!国策で安定

動画配信サービスが日本国内でも急速に普及してきています。自宅で簡単に映画やドラマ、アニメなどが見られるということで注目を集めています。

今後もマーケットは成長するとみられていて、動画配信関連銘柄を購入するのもおすすめです。

動画配信の概要解説

動画配信サービスとは、ネットを使って映画やドラマ、アニメなどを配信するサービスです。パソコンやタブレット端末、スマホなどで手軽に見られます。特に近年では定額で見放題というサービスが主流です。月額料金を支払えば旧作は無料で視聴可能で、新作など一部作品は追加料金を支払って鑑賞するのが主流です。

現在では動画配信サービスも多様化しています。多ジャンルのコンテンツが見られるのを売りにしているところもあれば、特定のジャンルに特化して動画配信サービスを行っているところも見られます。後者の場合、例えばdアニメは文字通りアニメに特化していますし、イギリスの動画配信サービスのDAZNはスポーツチャンネル専門です。

動画配信の関連銘柄の株価が上昇を見込む理由

動画配信関連銘柄がおすすめの理由として、マーケットの拡大が関係しています。2020年の有料動画サービスの利用者は2000万人を突破すると見込まれています。2017年末時点の利用者数が1440万人ですから、600万人弱その数を伸ばした計算です。

プラス2020年に発生した新型コロナウイルスの流行も買いを推奨する理由です。新型コロナウイルス対策として、極力屋外に出ないようにとの要請が出ています。これは日本に限らず、世界的な潮流になりつつあります。その結果巣ごもりする人が増加し、自宅で楽しめるコンテンツとして注目されているのがこの動画配信サービスというわけです。

動画配信関連のおすすめ銘柄一覧!厳選5銘柄

動画配信関連のおすすめ銘柄①:サイバーエージェント

動画配信関連銘柄の中でもとりあえず押さえておきたいのは、サイバーエージェントです。サイバーエージェントとはAbemaTVが知られています。テレビ朝日と共同出資して運営されているインターネットテレビのことです。国内の動画配信サービスの中でも大手です。AbemaTVはテレビでは難しい過激な内容も網羅されていて、高い人気があります。

動画配信関連のおすすめ銘柄②:ソフトバンクグループ

2つ目のおすすめ動画配信関連銘柄として、ソフトバンクグループもチェックしておきましょう。何といってもネットフリックスと業務提携しているのが強みです。ネットフリックスでは話題の動画を次々にリリースしています。

特に2019年には「全裸監督」が話題になりました。ソフトバンクグループでは今後ネットフリックスと共同でオリジナルコンテンツの制作を進めているというので、要注目です。

動画配信関連のおすすめ銘柄③:NTTドコモ

3つ目におすすめしたい関連銘柄が、NTTドコモです。言わずと知れた大手携帯キャリアですが、dTVという動画配信サービスを手掛けています。

dTVは動画配信サービスの中では国内最大規模の会員数を誇ります。もともと時価総額が大きいので、中長期的な運用を検討している人におすすめの銘柄といえます。

動画配信関連のおすすめ銘柄④:日本テレビHD

4つ目の関連銘柄としておすすめしたいのは、日本テレビHDです。言わずと知れた民放キー局のひとつですが、Huluという海外の動画配信サービスを買収したことで業界でも注目を集めました。Huluは先ほど紹介したネットフリックスとともに動画配信サービスの中ではツートップといわれるほど人気が高いです。

テレビ番組と動画配信コンテンツをリンクした新しい試みなどが期待されています。

動画配信関連のおすすめ銘柄➄:U-NEXT

最後に紹介したい動画配信関連銘柄が、U-NEXTです。コマーシャルでも頻繁に宣伝しているので、名前を知っている人も多いでしょう。国内の動画配信サービスの老舗です。ネットフリックスやHuluと比較すると、月額料金はやや割高です。

しかしコンテンツが充実しているので人気が高いです。トータル12万本いつでも見られるので、好きな作品も見つかりやすいでしょう。

動画配信関連銘柄の想定されるリスク

動画配信関連銘柄のリスクとして、やはり情報セキュリティは無視できません。ネットを介したサービスなので、情報漏洩に遭ってしまう恐れはどうしても残ります。もしハッカー攻撃などを受けて会員の個人情報が流出してしまうと大問題に発展します。その銘柄の株価は大きく下落する可能性が高いです。

またウイルス感染というリスクも考えられない話ではないです。さすがに主要な動画配信サービスがウイルス汚染される心配はまずないでしょう。しかしウイルス感染させようとする人の中には、既存の動画配信サービスそっくりのサイトを作り、被害者を信じ込ませる手法もあります。

これによって動画配信サービス自体は何も落ち度がないのに、風評被害を受ける恐れも考えられます。

動画配信関連銘柄を購入するおすすめタイミング

動画配信業界を見てみると、再編がしばしば行われます。大手動画配信サービスが業務提携を行うことも多いですし、テレビ局など多メディアと連携するケースも珍しくありません。このような再編に関する発表があると、株価が急騰する可能性があるのでチェックしておくといいです。

また2020年に発生した新型コロナウイルスの世界的流行も、動画配信関連銘柄の上昇の後押しになります。新型コロナウイルスが流行すると、感染抑止のために屋外へ出るのを自粛するように求められます。巣ごもりする人が多くなって、暇つぶしのコンテンツとして動画配信サービスが注目されます。

加入者数も増加して、業績が好転し、株価上昇も期待できると予想する投資家も少なくありません。このような屋外に出られないような出来事が起きた場合も買いのタイミングです。

まとめ

これまではレンタルショップに行ってDVDやビデオなどを借りなければなりませんでした。しかし動画配信サービスの出現で、自宅で見たいコンテンツを手軽に見られる時代になりました。見たい動画を見放題というのはやはり魅力的です。今後も順調にマーケットが拡大していくとみられています。この業界、爆発的に株価は伸びないかもしれません。しかし着実に株価が上がる可能性は大いにあるので、中長期的な運用を検討している人向きといえます。興味があれば、上で紹介したおすすめ銘柄をベースにしてどれを購入するか検討しましょう。