DIY関連のおすすめ銘柄7選!株価上昇が期待できる関連銘柄

DIYというと、日本では日曜大工というイメージがありますが、そもそもこの言葉の意味を振り返ると必ずしもそうした大工仕事に限って使われてきた言葉ではありません。

ただ、DIYの関連銘柄と一般的に言われる場合は、日曜大工に必要なものを売っているホームセンターを運営する企業の関連銘柄がおもに連想されるでしょう。まずはDIYという言葉について解説し、それからDIY関連銘柄のおすすめや投資上のリスクについて見ていきます。

DIYの概要解説

DIYというと日曜大工とイコールのイメージがあるように、ものづくりなどの趣味のことを指す言葉と考えられる傾向があります。

ただ、DIYのもとの意味が「Do It Yourself」であることからもわかるように、そもそも日本で生まれた言葉ではありません。DIYの歴史を振り返ると、実は、第二次世界大戦後のイギリス・ロンドンに行き着きます。

第二次世界大戦後のロンドンというと、戦後すぐということもあり、ロンドンの街並みは空襲によって至るところが破壊されていました。もちろんロンドン市民の多くが満ち足りて生活できる状態ではありません。

しかし、そんな状態だからと悲観ばかりしてはいられないと立ち上がる人たちもいて、その際にロンドンを自分たちの手で復興させようということで掲げられたのが「Do It Yourself」というスローガンでした。

その言葉通り、「自分たち自身でやろう」という力強いスローガンを掲げ、戦後のロンドンは今のような活況を取り戻すまでに復興を遂げたのです。

今ではその際のスローガンは、その頭文字の「DIY」として世界中に広がっています。このように、DIYのもともとの意味を遡ってみると、日曜大工のことだけを指す言葉ではないことがおわかりいただけるでしょう。

DIYという言葉自体が日本に入ってきたのは1970年ごろと考えられています。日本に入ってきてから今のような日曜大工のイメージが強くなりましたが、それに一役買ったのがホームセンターを運営する企業です。

これら企業の戦略により、いわゆる日曜大工とそれまで呼ばれていたことが「DIY」とおしゃれな響きに変えられ、広く普及していきました。その後、ホームセンターだけでなく100円ショップの普及に伴い、日曜大工だけでなくもっと手軽な工作やリメイク、修理などについてもDIYと捉えられるようになりました。

そう考えると、最初に日本に上陸したころの日曜大工のイメージよりも、今のイメージの方が本来的な意味に近いとも言えるでしょう。

このように、DIYという言葉は日曜大工という狭い範疇に限ったことではありません。自分でやろうという精神を感じさせることならすべてDIYと言っても過言ではありません。

実際、インディーズで活動するミュージシャンが自分たちでCDなどを自主制作する場合にもDIYと言われることがあります。

そのため、DIY関連銘柄という時も、日曜大工関連の銘柄だけでなくもっと幅広い分野の企業に当てはまりそうです。ただし、一般的にはホームセンターを運営する企業がこの関連銘柄の代表とされるでしょう。

DIYの関連銘柄の株価が上昇を見込む理由

日曜大工に限ったことではなく、100円ショップの普及で手軽に自作のためのグッズが手に入るようになったことで、DIYは私たちの生活に広く浸透しています。

もちろんホームセンターも各社ともに順調ですので、DIY関連銘柄の株価は今後も期待できると考えてよいでしょう。

DIY関連のおすすめ銘柄一覧!厳選7銘柄

DIY関連のおすすめ銘柄というと、やはりホームセンターを運営する企業が中心になります。

①コメリや②コーナン商事のような大手企業もおすすめですが、群馬県高崎市に本拠を構える③セキチューや北九州市に本拠を構える④ナフコもおすすめです。ほかにも、東北地方で展開する青森県の➄サンデー、さいたま市に本社を持つ⑥島忠も注目に値します。

あとは、100円ショップの中では⑦セリアをおすすめ銘柄として挙げられます。

セリアはこの業界で2位のシェアを占める大企業で、100均のなかでもおしゃれ度が高いことで女性にもよく利用されています。また、独自の発注システムにより、利益を効率良く出すための運営方法を確立している点にも注目です。

ただし、過去の状況を見ると株価の値動きは激しいため、購入の際はリスク管理をしっかりしておくことをおすすめします。

DIY関連銘柄の想定されるリスク

DIY関連銘柄に限ったことではなく、2020年に入って以降、新型コロナウイルスの流行により株式市場は世界的に大きな打撃を受けています。2月のわずか1か月間で日経平均株価は13%以上の暴落を記録したほどです。

もちろんDIY関連銘柄も大きな影響を受けており、順調に推移してきた銘柄も含めて少なからず打撃を受けています。このような状況では、反発を期待して弱った銘柄を購入するという姿勢よりも、相場全体の反発で強い銘柄が大きく買われることを狙って時機を待つ方がよいです。

DIY関連銘柄を購入するおすすめタイミング

DIY関連銘柄の株価が上昇するタイミングとして、台風関連のニュースが増える時期が挙げられます。実際、日本は台風列島で年に2~3個は上陸して被害を受けていますから、7~10月のシーズンにはDIYグッズを多く売っているホームセンターの売上が上がるのです。

それを考えると、台風シーズンを迎える前の6月ごろが、台風での値上がりを狙って仕込むのにベストなタイミングと言えます。また、新型コロナウイルスがいつになったら落ち着くのかまだわからない状況ですので、全体の動きも併せて注意しておきましょう。

その他のテーマ株に関する記事

こちらのブログでは、本記事以外のテーマ株も紹介しています。

各テーマで一攫千金が狙える有望株をスクリーニングしてご紹介していますので、宜しければご参照下さい。

 

まとめ

DIYの関連銘柄ということでお伝えしてきましたが、その言葉の意味は広くても一般的にはホームセンターや100円ショップ関連の銘柄ということになるでしょう。上昇が見込める銘柄ではありますが、今回の新型コロナウイルスのように突発的な事態によって打撃を受けることもありますので油断は禁物です。常に最新の動向をチェックするようにしましょう。