バイオエタノール関連のおすすめ銘柄2選!

バイオエタノールとは、生物に由来する再生可能資源のバイオマスから生成されるエタノールのことを言います。

再生できる自然エネルギーという点と、燃焼してもCO2の量を増やさないという点で将来のエネルギー源として期待されていますが、その関連銘柄はどうなっているのでしょうか。

バイオエタノールの概要から詳しく見てみましょう。

バイオエタノールの概要解説

バイオエタノールとは、バイオマスエタノールとも呼ばれるようにバイオマス(生物資源の量)から生成されるエタノール、すなわちアルコールのことを指します。

そのバイオマスとは、トウモロコシやサトウキビ、木材のほか、籾殻や藁、家畜の糞尿、廃食用油、下水汚泥などまで動植物に由来する有機系の資源を広く指す言葉です。

こうした生物資源から生成する燃料のことをバイオ燃料と言いますが、バイオエタノールはその一種になります。

エタノールとはエチルアルコールのことですから、揮発性があって火を付けると燃焼するのが特徴です。そのため、ガソリンに代わって車などの燃料にすることもできます。

バイオエタノールを生成するための原料にはでんぷんや糖類がよく用いられます。この点もエチルアルコール、すなわちお酒と同じです。サトウキビを例に取ると、サトウキビを絞って採れる糖蜜の場合、それを酵母に食べさせることによってその過程で糖がエタノールになります。

でんぷんの場合は、加水分解によって糖に変えてから、やはり酵母に食べさせることによってエタノールを作ります。でんぷんとはトウモロコシ、イモ、キャッサバ、コメなどの穀物に多く含まれており、日本ではバイオエタノールとしてコメを原料とすることも検討されてきました。

ともかく、こうやって生成されたエタノールは蒸留などの方法でさらに純度を高め、燃料用バイオエタノールとして製造されているのです。

こうしてできた燃料用バイオエタノールは、ガソリンと混合して自動車などの燃料として使用可能です。実際、バイオエタノールが進んでいるブラジルでは20%以上もバイオエタノールが混合したガソリンが使われており、アメリカでも10%以下の混合率で用いられています。

一方、日本でのバイオエタノールの混合率は3%以下と厳しく決められていますが、これは日本で走るために製造された自動車の仕様上、バイオエタノールを使うことが想定されていないためです。

ちなみに、バイオエタノールを3%混合したガソリンのことを「E3」、10%混合したガソリンのことを「E10」などとも呼びます。

こうした燃料用バイオエタノールは、従来は上記したサトウキビやトウモロコシなどの糖類やでんぷんをおもな原料としてきました。

なぜなら、これらからエタノールを生成する際の工程が比較的簡単だからです。しかし、サトウキビやトウモロコシは人間の食料でもありますから、燃料として消費が増えると食料の価格が急騰する問題も考えられます。

そこで開発が進められているのが、セルロースを原料とする次世代のバイオエタノールです。セルソースとは植物繊維の主成分であり、地球上で最も大量に存在する炭水化物であるため、食用にはならない藁や木材などにも多量に含まれています。

そのため、セルロースを原料にバイオエタノールを生成しても、サトウキビやトウモロコシのように食料との競合にはなりません。

セルロースを分解するのは難しく、その製造工程も複雑になるのがネックではありますが、ガス化などの熱化学プロセスや発酵などの生化学プロセスなども考えられており、今後の普及が期待されています。さらには、藻類など別の原料を用いた第3世代のバイオエタノールまで現在、研究と開発が進行中です。コストをどうするかという問題はありますが、次世代の燃料として大きな期待が寄せられています。

なお、日本でもバイオエタノールを事業化することを目的に農林水産省が助成を行うなど、いろいろな取り組みが行われてきました。

しかし、低コスト化が難しく、事業化はすでに2014年に断念されています。その結果、日本でのバイオエタノールの供給はほとんどがブラジルからの輸入です。

日本はバイオエタノールの自給率が欧米と比べても非常に低いため、今後は自給できるようにコスト削減が可能な新たな技術の開発に期待されています。

バイオエタノールの関連銘柄の株価が上昇を見込む理由

日本での事業化は難しい状況ですが、バイオエタノール自体は今後広く普及していくと考えられています。国際エネルギー機関(IEA)によると、自動車や航空機、船舶などに用いられるバイオ燃料は、2035年には1億9000万トン、2050年には7億5000万トンにもなるとの予測です。

今後は二酸化炭素の排出規制がさらに厳しくなるでしょうし、環境対策のためにも今のまま化石燃料を際限なく燃やし続けるわけにはいきませんから、日本でも実用化が真剣に検討されていくでしょう。というわけで、バイオエタノール関連銘柄の株価が今後、上昇するのではないかと期待できるわけです。

バイオエタノール関連のおすすめ銘柄一覧!厳選2銘柄

バイオエタノール関連銘柄でのおすすめとしてここでは2社を挙げましょう。

一つは総合商社の双日です。双日は総合商社でありながら個人投資家でも投資しやすいというハードルの低さがおすすめできる理由となります。もう1社はインフラなどを手がける日立造船です。両社とも中国ででんぷんを原料とするバイオエタノールの製造事業に取り組んでいるため、今後の動向に期待が寄せられています。

バイオエタノール関連銘柄の想定されるリスク

バイオエタノール関連銘柄は今後、さらに認知度が高まれば値上がりする可能性があります。しかし、あまりに認知度が高まっても、関心の薄れとともに上昇した株価が一気に下落する恐れもあるので注意が必要です。マイナス要素の報道がないか、日ごろから関連ニュースをチェックしておきましょう。

バイオエタノール関連銘柄を購入するおすすめタイミング

バイオエタノールはまだまだこれからの分野ですから、今後どのようなタイミングで上昇するかはわかりません。

すでにおすすめの買い時に入っているともいえますが、現在は新型コロナウイルスの影響もあるのでうかつにおすすめとは言いにくい状況です。注目度の高い分野ではありますが、投資の際は下落リスクを考えながら分散投資を忘れないように注意したいものです。

その他のテーマ株に関する記事

こちらのブログでは、本記事以外のテーマ株も紹介しています。

各テーマで一攫千金が狙える有望株をスクリーニングしてご紹介していますので、宜しければご参照下さい。

 

まとめ

バイオエタノールは今後、さらに注目が増していくと考えられるおすすめの分野です。その関連銘柄の動向には常に目を光らせておきましょう。