テレワーク関連のおすすめ株銘柄5選!注目される理由と期待の関連銘柄

会社に出勤せずとも自宅で働けるテレワークという働き方がにわかに注目を集めています。

以前から注目されていたテレワークですが、新型コロナウイルスの影響によってそれまで関心のなかった層もテレワークを検討せざるを得なくなってきました。

今回の感染流行によりほとんどの株価が下落を見せていますが、世界中で急激なニーズの高まりを見せているテレワーク関連銘柄には熱い視線が注がれています。そこで、テレワーク関連銘柄のうちおすすめ銘柄などを詳しく見ていきましょう。

テレワークの概要解説

もはや解説するまでもないほどに急激に浸透したテレワークですが、改めて確認しておきましょう。テレワークとは、インターネット回線を通じてパソコンなどの端末を使って会社に出社することなく仕事をする働き方のことを言います。

新型コロナウイルスの影響で多くの企業がテレワークを導入し、急激にニーズが高まっている状況ですが、それ以前からすでに作業効率の高さや生産性への期待から注目されていました。テレワークで働けるなら、長時間残業する必要もありませんし、無駄な会議で時間をロスすることもなくなります。

また、育児や介護の必要性から出勤してフルタイムで働くことが難しかった人たちの労働力が活かせることにもなるわけです。今回は非常手段としてテレワークがにわかに注目を集めましたが、今回の感染症が終息した後も新しい働き方として世界的に定着していくと推測されます。

テレワークの関連銘柄の株価が上昇を見込む理由

テレワークは今回のことがある前から、経済成長の一戦略として政府主導で取り組みが進められてきました。

なぜなら、テレワークを導入した方が高い生産性が見込めるからです。先ほども少し触れたように、テレワークで働くことができるなら、これまで出社できないことを理由に離職を余儀なくされていた人たちが働き続けられるようになります。

女性の場合、従来なら出産からしばらくは休職せざるを得ませんでしたが、テレワークがあれば出産後も比較的早い時期から仕事に復帰しやすくなります。

ケガや病気などで出社が困難な人も、自宅で療養しながら働き続けることができるため、企業としては生産性が高まりますし、労働者にとっても働き方が広がるということで双方にとってメリットがあるわけです。

今後の高齢化や人手不足の問題を解決する手段としても期待されています。それに伴い、テレワーク関連銘柄も上昇が見込めるという仕組みです。

また、テレワークを積極的に導入する企業には、自由な働き方を許容する企業というプラスのイメージが高まります。企業のイメージが高まれば、それに伴い顧客も増え企業の利益もアップするでしょう。ひいては日本経済全体の成長にもつながるため、政府も支援します。

テレワークが普及することでこうした良い循環が生まれるわけですから、その関連銘柄に対する期待が高まるのは当然なのです。

テレワーク関連のおすすめ株銘柄一覧!厳選5銘柄

テレワーク関連のおすすめ株銘柄①:クラウドワークス

テレワーク関連銘柄のおすすめといえば、この分野で一日の長があるクラウドワークスが最初に挙げられます。

クラウドワークスの存在こそがオンラインで個人が働けるという新しい働き方を広めたと言えます。クラウドソーシングの普及に貢献した企業であるとともに、自社でもリモート勤務やフレックス勤務を導入して自由な働き方ができる会社として注目されています。

今後も大きな成長が期待できるおすすめのテレワーク関連銘柄です。

テレワーク関連のおすすめ株銘柄②:パソナ

転職支援や派遣で知られるパソナグループの子会社、パソナもテレワーク関連のおすすめ銘柄の一つです。東京テレワーク推進センターにも関係しており、テレワークの導入を推進しています。

また、海外人材サービスやアウトソーシングサービスの部門で前年度以上の売上を記録しており、今後の活躍にも期待大の存在です。

テレワーク関連のおすすめ株銘柄③:テラスカイ

「mitoco」というクラウドでのコミュニケーションプラットフォームを開発するテラスカイも、テレワーク関連のおすすめ名柄です。

「mitoco」を導入する企業は中小から大手までさまざまな規模で増加中で、業務効率を改善するプラットフォームとして注目を浴びています。また、テラスカイベンチャーズというベンチャー企業の育成や投資を行う子会社を設立し、クラウドビジネスの普及にも積極的にかかわっています。有望株としておすすめの存在です。

テレワーク関連のおすすめ株銘柄④:SBテクノロジー

ソフトバンクの子会社であるSBテクノロジーもおすすめのテレワーク関連銘柄になります。同社のテレワーク活用実績は非常に高く、厚生労働省からも「テレワーク宣言企業」として選定されているほどです。

また、取引相手が大手企業中心なので、大手企業にもテレワークを広める担い手として期待されています。実際、営業利益や売上高は過去最高レベルを記録していますし、さらに業務を拡大して雇用を増やすことにも積極的なので、今後の上昇も大いに期待できる銘柄と言えます。

テレワーク関連のおすすめ株銘柄➄:サイボウズ

もう一つおすすめしたいテレワーク関連銘柄がサイボウズです。同社はテレワークの導入による働き方改革を実現した企業として知られています。

テレワークや時短勤務を導入したことで、それまでの28%もあった離職率が4%台へと減少しました。また、企業向けのクラウドサービスも好調で、顧客満足度も高いです。セキュリティにもしっかり力を入れているところも評価されています。

テレワーク関連銘柄の想定されるリスク

テレワーク関連銘柄で考えられるリスクというと、ウイルスの感染やサイバー攻撃です。このような事態が起これば企業活動がストップするだけでなく、不正アクセスや情報漏洩などのリスクにも晒されます。

そのような事態が起こってはユーザーの不満が爆発するのは目に見えているので、それを提供する側のテレワーク関連銘柄も大きな影響を受けるでしょう。予測の難しいリスクなので、テレワーク関連銘柄に投資する際はリスク管理を徹底しなければなりません。

テレワーク関連銘柄を購入するおすすめタイミング

テレワーク関連銘柄の購入におすすめのタイミングは今です。ただ、短期的に高騰した銘柄は急降下のリスクもあるので、中長期的に着実に成長しそうな銘柄を狙いましょう。

その他のテーマ株に関する記事

こちらのブログでは、本記事以外のテーマ株も紹介しています。

各テーマで一攫千金が狙える有望株をスクリーニングしてご紹介していますので、宜しければご参照下さい。

 

まとめ

新型コロナウイルスの影響で急に注目を浴びたテレワークですが、今回のことがなくても近い将来導入が進んでいたことは確実です。

今後の成長が期待できるテーマですから、関連動向に注意しつつ成長性の高い銘柄を探してください。