自動運転関連のおすすめ株銘柄5選!革新的な技術を追い求めるメーカー

日本国内において交通死亡事故の件数は年々減少傾向にあります。

その一方で、高齢者ドライバーによる悲惨な事故が報道されることも増えています。そのため、「さらなる高齢化社会に向けた安全な運転システムが欲しい」と期待する人は少なくありません。

そこで注目されている分野が「自動運転」です。自動車メーカー以外の企業も高品質の自動運転システム開発に取り組んでおり、これからさらに発展が期待される分野と言えます。

では、自動運転の現状と展望、および関連銘柄のおすすめに関してご紹介しましょう。

自動運転の概要解説

自動運転には5つのレベルがあります。レベル1は「運転支援」で、アクセルとブレーキ、あるいはハンドル操作のいずれか1つをサポートするというものです。レベル2は「部分自動運転」と規定されており、複数の操作をサポートするシステムです。

現時点でレベル2までは実用化がされています。一方、レベル3の「条件付き自動運転」、レベル4は「高度自動運転」およびレベル5の「完全自動運転」は、基本的にドライバーではなく搭載されているAIが運転を行うシステムであり、数多くのテストは実施されているものの、未だに実用化・市販化には至っていません。

自動運転の関連銘柄の株価が上昇を見込む理由

AI技術の著しい進歩により、運転の完全自動化は理論上不可能ではなくなってきています。多くの自動車メーカーが既にレース場や占有許可を得た公道でテスト走行を実施したことが報道されており、市場の期待は高まっているのが現状です。

今後システムの精度がさらに向上し、各国の法整備が進めば、自動運転の関連銘柄は一層注目されることでしょう。その結果、関連するメーカーや企業の株価が大きく上昇すると予想されています。

自動運転関連のおすすめ株銘柄一覧!厳選5銘柄

自動運転関連のおすすめ株銘柄①:デンソー

1つ目のおすすめ関連銘柄は「デンソー」です。この企業は東証一部に上場しており、センサー機器に関しては国内屈指の技術力を誇ります。自動運転でもこの技術は大いに活用されており、すでにデンソー製のセンサーを搭載した自動運転車が公道テストを実施しています。

北米、ヨーロッパおよびアジアにも拠点を持ち、国際的な競争力も十分に兼ね備えているため、自動運転関連の投資先としては非常に魅力的ということができるでしょう。

自動運転関連のおすすめ株銘柄②:ゼンリン

2つ目におすすめする自動運転の関連銘柄は、東証一部上場企業である「ゼンリン」です。全国的な知名度を誇るこの会社では、カーナビや自動運転の要となる高精度の地図作成を行っています。オリジナルの「時空間情報システム」により、AIによる完全自動走行の実現をサポートしている点も強みです。

国内や海外で数多くの特許を取得するほどの高い技術力を持つこの会社は、引き続き自動運転の市場において投資家の注目を集めていくことでしょう。

自動運転関連のおすすめ株銘柄③:DeNA

東証一部上場企業である「DeNA」が3つ目におすすめする関連銘柄です。日産自動車と提携して「完全無人車両による送迎システム」の構築を目指しており、信号情報のリアルタイム更新や、スマートフォンアプリとの連携などを準備進めています。

インバウンドの重要性を踏まえた外国人向けのサービス展開も見据えており、自動運転の新たな可能性を探求する企業として国内外の投資家から大きな期待を集めている企業です。

自動運転関連のおすすめ株銘柄④:三菱電機

4つ目におすすめする関連銘柄は「三菱電機」です。東証一部上場企業であり、三菱自動車と連携してオリジナルの自動走行システム「xAUTO」の開発を行っています。車体に搭載された各種センサーと、衛星から送られてくる情報をAIがリアルタイムで処理することにより、快適かつ安全な自動運転システムの構築を目指しています。

三菱グループというメリットを生かした力強い事業展開を多くの投資家は期待していることでしょう。

自動運転関連のおすすめ株銘柄➄:パナソニック

5番目のおすすめ関連銘柄は、国内最高峰の企業規模を誇る「パナソニック」です。トヨタ自動車と提携して、高度運転自動化の実現に取り組んでおり、すでに本社エリアにて自動運転車の実用化に成功しています。

車体に搭載するセンサーやカメラから、データ通信用の制御システムやサーバーに至るまで、関連するシステム全体を開発できる企業力が強みと言えるでしょう。株価の安定した推移も投資家にとって魅力的なポイントです。

自動運転関連銘柄の想定されるリスク

自動運転関連銘柄の持つリスクは「開発段階の事故」でしょう。先述の通り、AIによる運転システムの研究は世界中の企業が実施しており、激しい開発競争が繰り広げられています。

多くの企業は積極的に走行テストの結果を公開しており、その内容に合わせて株価も変動しているのが現状です。

そのため、自動運転の開発をメインとしている企業では、テスト結果が思わしくなかったり、事故が起きてしまったりすると株価を大きく下げてしまう可能性があるということを覚えておきましょう。

自動運転関連銘柄を購入するおすすめタイミング

自動運転関連の銘柄を狙うなら、「株主総会」および「テスト実施」のタイミングがおすすめです。

株主総会では、売り上げ発表の他に、自動運転の進展に関する詳細な情報が明らかになることでしょう。他のメーカーと技術提携するという望ましい発表がなされて、株価の上昇を招くということも珍しくありません。

また、メーカーの中には自動運転のテストをリアルタイムで公開しているケースもあり、そのテスト結果によって株価が大きく上がることがあります。ですから、これらの重要なイベントをしっかりとチェックしつつ、気になる関連銘柄を購入していきましょう。

その他のテーマ株に関する記事

こちらのブログでは、本記事以外のテーマ株も紹介しています。

各テーマで一攫千金が狙える有望株をスクリーニングしてご紹介していますので、宜しければご参照下さい。

 

まとめ

自動運転の技術は「遠い未来の技術」ではなく、「近い未来に実用化されるシステム」です。この技術を実装した自動車が発売されれば、数多のドライバーに大きなメリットをもたらすだけでなく、株主にとっても莫大な利益をもたらすことでしょう。

一方で、開発競争は世界中で行われているため、どのメーカーが勝ち抜くのかを見極めるのは容易なことではありません。ですから、関連銘柄の購入を考えている投資家は、リアルタイムで情報を確認しながら素早く売買の判断を下すことが求められます。