中食関連のおすすめ株銘柄5選!新しい食のスタイルをサポートする企業

日本の食文化は非常にユニークでバラエティーに富んでいます。伝統的な和食と海外に起源を持つ洋食が同じテーブルに並ぶということも珍しいことではありません。

食事のスタイルに関しても同様で、最近では「中食(なかしょく)」という新たなスタイルが注目を集めています。

数多くの食品メーカーや外食企業がこの新しい分野に関心を持ち、積極的に事業拡大を図っています。投資家にとって、新たな事業の立ち上げというのは大いに関心を引かれる表現でしょう。では、中食の現状と、関連銘柄のおすすめについて調査してみましょう。

中食の概要解説

中食とは、家庭外の人が調理したものを家で食べることと定義されています。デリバリーサービスで注文したものを食べることや、お総菜などを購入して家で食べることもすべて中食の定義に含まれています。対義語として、レストランなどで食事をする「外食」が挙げられます。

外食も中食も、自分で調理をする必要がないというのは魅力です。ただし、中食の場合、自宅というパーソナルスペースで、落ち着いて好きな分だけ食事を取ることができるという点が、外食にないメリットと言えるでしょう。

中食の関連銘柄の株価が上昇を見込む理由

近年、多くのデパートやスーパーがお弁当やお総菜コーナーに注力するようになっており、市場規模は確実に拡大しています。現在、中食の市場規模は年間10兆円を超えており、さらなる成長が期待されています。

加えて、UberEatsを始めとするハイクオリティのデリバリーサービスが登場し、中食の選択肢が非常に多くなっているという点も特筆すべきポイントでしょう。こうした背景から、中食の関連銘柄の株価は大いに上昇するポテンシャルがあると見込まれているわけです。

中食関連のおすすめ銘柄一覧!厳選5銘柄

中食関連のおすすめ株銘柄①:プレナス

関連銘柄として1つ目におすすめするのは「プレナス」です。

東証一部上場企業であり、「ほっともっと」や「やよい軒」など、知名度の高いチェーン店を国内外でおよそ3,000店舗展開しています。新しい商品の開発・発表を定期的に行っており、市場関係者からいつも注目されている銘柄です。

好調な売り上げと配当金の定期的な分配により、株主からの評価も高い銘柄となっています。中食におけるリーディングカンパニーの1つと言えるでしょう。

中食関連のおすすめ株銘柄②:ロック・フィールド

2つ目におすすめする関連銘柄は「ロック・フィールド」です。

東証一部上場企業であり、食の安全と安心を重視した総菜づくりを行っています。「RF1」や「神戸コロッケ」を始めとして、6つのオリジナルブランドを全国へ展開しているのも魅力です。

食材を育てるための美しい環境づくりを徹底して行っている点も、クオリティーの高い中食を求める消費者から高く評価されています。国内外の市場で安定した売上高を誇るおすすめの関連銘柄です。

中食関連のおすすめ株銘柄③:吉野家ホールディングス

「吉野家」「はなまる」「京樽」などを傘下に置く「吉野家ホールディングス」が3つ目のおすすめ関連銘柄です。

こちらも東証一部上場企業で、コストパフォーマンスの良いサービスを提供するという理念のもと、国内だけでなく海外にも事業を展開しています。

株主への配当を年に2回実施していることや、株主優待が非常にシンプルで分かりやすいというのも投資家から支持されているポイントでしょう。圧倒的な知名度を誇るおすすめの関連銘柄といえます。

中食関連のおすすめ株銘柄④:カネ美食品

4つ目のおすすめ関連銘柄は「カネ美食品」です。東証ジャスダックの上場企業であり、寿司や揚げ物などのお総菜販売で全国展開を行っています。

ファミリーマートの各店舗におけるお弁当の販売に加えて、百貨店やドン・キホーテなどで実店舗販売も行っており、作りたてのお総菜を購入できると評判です。

生産ラインの安全・衛生管理に関してはHACCPの認定を獲得しています。中食を中心的な事業としている銘柄を探しているなら、カネ美食品がおすすめです。

中食関連のおすすめ株銘柄➄:ホットランド

5つ目におすすめする関連銘柄は「ホットランド」です。東証一部上場企業であり、「築地銀だこ」「銀のあん」「GIN CURRY」など8つのブランドを全国にチェーン展開しています。

それぞれのブランドから新商品や期間限定商品などを定期的に市場へ送り出すことで、中食を好む消費者への訴求を継続的に行っています。たこ焼きを主軸とした海外への事業展開も順調に進めており、企業としてのさらなる成長が見込まれている興味深い関連銘柄です。

中食関連銘柄の想定されるリスク

中食関連銘柄のリスクとしては「衛生管理のトラブル」が挙げられるでしょう。食品衛生にミスが発生し、食中毒などのトラブルが生じると、その商品を提供していた企業には多大なる損失が生じ、企業としての存亡にも影響しかねません。

そうなれば、株価の大幅な下落を避けることはできないでしょう。ですから、投資対象として中食関連銘柄を選ぶ際には、食品製造のプロセスでISO22000やHACCPなどの認定を獲得しているかどうかをチェックすることをおすすめします。

中食関連銘柄を購入するおすすめタイミング

中食関連銘柄を購入するタイミングは「メディアで取り上げられたとき」です。

テレビや雑誌などのメディアで取り上げられ、食品添加剤を使用していない、あるいは常に出来立てを提供しているといったポイントが強調されると、消費者からの注目度が一気に上昇し、売り上げも爆発的な伸びを見せるというケースが珍しくありません。

平日の夕方や週末の情報番組などで特集される場合は特にその傾向が顕著に見られるという点を銘記しておきましょう。

その他のテーマ株に関する記事

こちらのブログでは、本記事以外のテーマ株も紹介しています。

各テーマで一攫千金が狙える有望株をスクリーニングしてご紹介していますので、宜しければご参照下さい。

 

まとめ

スピーディーであることに加えて栄養バランスの取れた食事であるということから、中食への注目度は今後もさらに高まっていくとされています。

同時に、さまざまな規模の会社が今後続々と参入していくことが予想されます。

その中で、サービスのクオリティーが低い企業は淘汰されていく可能性が高いです。熾烈な市場獲得競争を勝ち抜く関連銘柄を見極めるカギは、消費者からの評価です。

実際に利用した人の感想をよく確認しながら投資先としての企業を選定することをおすすめします。